スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    スポンサードリンク * - * * - * -

    ベジタリアンの冬支度

    0

      ここ数日「コート欲しい病」を発症して
      おりまして。
      もっぱらネットで物色し続けているの
      ですがなんせ条件が厳しいもので
      かなり苦戦中。

      というのも私は魚(主に外食時の
      お付き合い用)と乳製品(卵は
      混ざってしまっているものは目をつぶる)
      OKのベジタリアンでして、
      ベジタリアンは色々あるのですが、
      私の場合は動物愛護から始めたこともあり、
      自分の健康とか美容というのは肉を食べない
      理由としては実は全くないのです。
      そういう理由からペットショップ、動物園、
      水族館もかなり違和感があり、自ら足を
      運ぶことはありません。

      完全菜食主義者(ヴィーガン)ではない
      にしても、食だけでなく衣や住にも色々と
      条件があるのです。
      例えば皮、毛皮は一切NG。皮製品ばかりが
      売ってるお店や売り場へ行くと臭いで
      ノックアウト。触るのもムリです…
      Docomo_kao18
      当然革製品は一つも持ってません。

      お財布は過去ブログに書いてます。コチラ
      カナダのヴィーガンブランド、MATT&NAT。
      日本ではほとんど取り扱いがなく、結局
      フランスだかイギリスだかのアマゾンで見つけて
      商品とおなじくらいの送料諸々払って手に入れ
      ました
      Docomo_kao8

      靴&鞄フェチでなくてよかったDocomo_kao8
      羽毛やダウンも鳥さんのものなので
      精神的にムリ。
      ウールは「まだ羊さんは生きてるか・・・」
      という微妙な判断してますが
      Dosomo_kao9
      シルクも普段は選ぶことはないのですが
      好きな着物はシルクなんですよねえ・・・

      というあいまいなことが多いので
      ヴィーガンではなく、ベジタリアン、
      な状態。

      で、この冬物のコートを選ぶことが難しい
      というのはこういうことを考えてるからな
      わけなのですが、いかに世に出回っている
      コートに「ダウン」「リアルファー」が
      多いことか。

      ダウンはまあ鳥を食する文化が世界的に定着
      しているのでちょっとおいておきますが、
      ファーに関しては完全に毛皮のために
      殺される動物が存在するということなんです
      よね。
      しかもどうでもいいような小物にまでリアル
      ファーの表示がされてますが、死んだ
      うさちゃんの毛のマフラーやキーホルダーって
      「かわいい♪」のかなあ・・・

      食品の表示偽装事件はたびたび報道されますが
      ファーに関しても実は表示通りの動物ではない
      こともあるのですよ。

      http://www.no-fur.org/about/dogcat/detail/dog.html#.UqAjruaChjo
      猫ちゃんだとか~ワンちゃんだとか~

      まあね、
      「でもかわいいし、あったかいからいいよね♪」
      でもいいんです。

      知った上での判断なのであれば。


      おうちにいるかわいい犬猫たちですら、
      人間の勝手と商売のために機械のように
      産まされたコたちだったりしますよね。
      売れないコは殺されて、飼えなくなった
      からと処分される。
      ファー商品はかわいくて売れるからと
      動物たちは生きたまま毛を剥がされる。


      人間の高性能な脳は相手の立場になって考えてみる
      っていう機能を不要なものとして進化してしまった
      のかしら。










       

      Lycka till * ベジタリアン * 16:07 * comments(0) * trackbacks(0)

      ベジフェス2012

      0

         ふと急に「今年のベジフェスっていつやろ?」
        と思いついたのでチェックしてみると、9月30日
        のよう。
        久々に行ってみようかなと思っています。

        このベジフェスについての過去記事はコチラ
        ベジフェスのHPはコチラ

        うれしいことに年々パワーUPされているよう♪
        なんと今年はアロマブランド、Perfect portion
        もブース出展されるようで、なおうれしくなりました。
        アロマブランドは自然と共存という考えのところ
        が多いですが、パーフェクトポーションの
        コンセプト、好きなんです。

        他にもたくさんのベジフードが出店されるよう
        だし、リフレもあるようだし、これは行くしか
        ないな、と思っております☆

        ベジタリアンの私にとってはまさしく天国のような
        イベントです。

        ベジタリアンでなくても、マクロビや体に優しい
        食事&ライフスタイルに興味のある方はきっと
        楽しい時間を過ごせることと思います♪
        Lycka till * ベジタリアン * 22:31 * comments(0) * trackbacks(0)

        フムス♪

        0

           今日は初めて「フムス」を作りました。
          なかなか耳にすることはないかと思いますが、
          中東や地中海で食べられている、ひよこ豆の
          ペーストです。
          ※かなりオリーブオイルたっぷりです




          思いのほか簡単にかつおいしくできて
          大満足!
          しかもベジタリアンにはうれしいたんぱく質元と
          なる豆料理とあってこれは頻繁に作れそう
          です。

          レシピはコチラ☆

          ・ひよこ豆(400g)
          ・練りゴマ(30cc)
          ・オリーブオイル(50cc)
          ・レモン汁(40cc)
          ・にんにく(ひとかけ)
          ・塩少々
          ・ガラムマサラ少々

          それぞれの調味料の量は好みがあるかと
          思います。
          これをフードプロセッサーやハンドミキサー
          などでなめらかになるまでつぶします。

          あとはバゲットにつけたり、ナンに
          つけてもおいしいと思います♪

          フムスに出会ったのはスウェーデン。
          主に中東からの移民の多いスウェーデンには
          本国の方が経営する各国料理店がたくさん
          あります。
          レバノン、シリア、ペルシャ(イラン)、
          ギリシャなどなど。
          フムスは前菜(Meze)の一つで他にも
          色々あるのですが、フムスと似たもので
          「ババ・ガヌージュ」といわれるものがあり、
          これも大好きです♪
          こちらは焼きなすのペーストで、フムスの
          ひよこ豆の代わりに焼いたなすの中身を
          使って作ります。
          スウェーデンには中東の食材店が多く、
          そこでは缶詰のフムスやババ・ガヌージュが
          売っていました。

          あのおいしさが忘れられず、京都で何度か
          足を運んだのがコチラのトルコ料理屋さん。
          イスタンブールサライさん
          好き嫌いはあるかもしれないですが
          チーズあり、フムスあり、ワインありで
          かなり私好みです

          日本でも「ケバブ」が食べられるところも
          あるようで、京都でも見かけたことが
          あります。
          こちらも中東の料理で、味付けたした肉
          (羊、鶏、牛など)を串にさして、大きな
          ナイフでそぎ落としていきます・・・



          これを野菜やヨーグルトソースと一緒に
          ピタパンにはさんで食べます。

          たいていケバブのあるお店には
          (日本ではどうかわかりませんが)、
          ファラッフェルというこれまたひよこ豆の
          丸い揚げ物があり、ベジタリアンは
          ケバブの代わりにピタパンに
          こちらを入れてもらいます。
          これまたおいしいんです
          こちらも水と混ぜて油であげるだけの
          粉状のインスタントが売っています。

          ちなみに京都にはこんなお店が。
          その名もファラッフェルガーデン。
          お店に行ったことないのですが、ベジフェス
          に出店されてたときに頂きました♪

          レシピといえば、ポルトガルで初めて
          食べたサラダ。
          私にとっては衝撃的なおいしさで
          レシピを聞いたところ、
          「野菜はレタス、玉ねぎ、トマト。
          調味料は塩コショウ、オリーブオイル、
          ビネガー」
          だけ。

          「だけ?!」
          と思わず確認。
          「そう」といわれても
          「絶対うそや!!」とすぐには信じられ
          なかったくらい、ハマってしまったサラダ
          でした。

          でも、作ってみるとほんとにこんなシンプルな
          レシピなのにおいしいんです☆
          ちょっと時間をおいてトマトがトロっとして他の
          野菜となじんだ頃が良い感じです。

          と今日は食べ物ネタばかりになってしまい
          ました








          Lycka till * ベジタリアン * 18:29 * comments(0) * trackbacks(0)

          おしゃれのポリシー

          0
            はじめてさんのアロマ講座のお知らせは
            コチラ☆
            まだ空席あります!!


             ここ1か月ほど、セール中だったあるサイト。
            その前からちらちら見ていて、「欲しいなあ♪」と
            思っていたところ、セールになり、より一層
            購買意欲がでていたのですが、配送に関する
            問い合わせの電話1本をかける勇気が結局
            出ず、今日見たら春物が入荷されてセールは
            終了しておりました・・・

            そのサイトというのはコチラ
            カナダのヴィーガン&エコがテーマの
            カバン屋さんです。
            海外のサイトや実店舗にはヴィーガン用の
            靴やカバンを扱うお店がたくさんあります。
            (ヴィーガンについてはコチラに書いてます)

            でもイマイチかわいくなかったりで色々
            探してたのですが、ここのは私的にはヒット♪

            しかし日本では未発売な上(販売されていても
            かなり種類が限られる)、配送も日本には
            通常してないようで・・・

            電話したらいいんですが、ねえ

            それはさておき、これだけハイテクなものが
            ふつ〜の一般家庭にも溢れに溢れてる日本
            ですが、精神的にはいまだハイテクになりきれず、
            という感が今だ否めません・・・

            素敵な感性をお持ちのデザイナーさんも
            わんさかいらっしゃるのだから、そういう方が
            日本でもおしゃれなヴィーガンブランドを
            立ち上げてくれはるととってもうれしい☆

            しかもそういうブランドが単におしゃれだからと
            いう理由でもいいから注目されると、今まで
            全くそういうことに興味なかった人も「知る」ことが
            できます。
            それからどう感じ、どう考え、どう行動するかは
            その人次第。
            でも知らないままでメディアの都合のいいように
            いいなりになってるのはいかがなものかと

            ちなみにこのMatt&Natは、ヴィーガンなので
            動物性原料は一切使われていないのは
            もちろん、全ての商品の裏地はなんと100%
            リサイクルペットボトルから作られてます☆
            (だいたい21本分で1つのカバンの裏地に
            なるそう)

            そしてロゴの下には「Live beautilfully」。

            「美しく生きる」。

            でも、見た目だけの美しさという意味じゃない
            ところが本当にステキ☆

            デザイナーのブランドコンセプトが
            「ファッショナブルで美しいながらも、
            社会的責任のあるモノづくり」ということらしい
            ですが、車のCMだったかな、
            「かわいいだけじゃかわいくないのよ」の
            台詞を思い出しました
            Lycka till * ベジタリアン * 21:17 * comments(0) * trackbacks(0)

            ベジフェス♪

            0

              昨日の雨で延期になった運動会も
              今日は無事開催されてますね♪
              この季節は本当に各地でいろいろな
              イベントが催されますが
              京都では毎年ベジタリアンフェスティバル
              なるものが開催されているのを
              ご存知ですか??

              私は3年前に初めて行ったのですが
              素敵な雰囲気にテンション上がりっぱなし
              食べ物はもちろんすべて肉なし、
              ベジ仕様。
              出店の食べ物を安心して食べられるなんて
              最高です。
              販売されているものもエコだったり、
              ベジだったり、オーガニックだったりと
              なかなかない、ベジタリアンには夢のような
              空間でした。
              来ているお客さんもノンベジから
              かなり濃いオーラを持つ人まで様々。

              あまりに気に入り、次の年には
              アロマスクールで知り合った親友を誘って
              アロママッサージブースで出店することに☆
              気候のよい時期に外でのアロマも
              なかなかオツなものです
              周りの食べ物屋さんの繁盛を横目に、
              お昼過ぎからは繁盛し、あっという間の
              充実した1日を過ごさせてもらいました。
              今でも印象に残っているのが友達が
              担当したお客様。
              若い女性なのですが、耳は聞こえるけど
              声が出ないという方ではじめは
              筆談していました。
              ストレスで体を壊されたのかもしれません。
              はじめからずっと友達の声だけが聞こえて
              いたのですが終わりごろからお客様の
              声が・・・!
              本人はもちろん私たちも驚いたのですが
              アロマを受けているうちに声が少しですが
              出るようになったのだそう!
              もちろん相性もあるかとは思いますが
              改めてアロマって、人の手ってすごいよなあ
              と思いました。
              こんな素敵な経験ができて本当にラッキー
              だと思いました。

              そして今年はというと、10月9日(日)に
              佛光寺にて開催されます☆ コチラ↓
              http://www.vegetarianfestival.jp/index.html


              興味のある方はぜひ♪おススメです〜
              あ、でもこの日は白雲館のイベントの日でも
              ありますので、白雲館もおススメです〜
              ほかのイベントとはちょっと違う点として
              マイ箸やマイ食器持参を呼び掛けていて、
              持ってきてない人も会場内にある、
              レンタル食器を利用することもできます☆
              (今年のことはちょっとわかりません
              意外とマイ食器持参の方も多く、
              タッパーだとそのままお持ち帰りもできる
              ので結構便利
              それと中には結構生々しい写真などを
              展示しているブースもあるのですが
              現実を知ることも大切なので
              心に余裕があれば一度は見て
              頂きたいなあと思います。

              Lycka till * ベジタリアン * 09:48 * comments(0) * trackbacks(0)

              肉肉肉

              0
                 ベジのお話の続きです☆

                ベジタリアンになる理由はさまざまと書きましたが
                中には体質的に動物性の食べ物が合わない
                (胃がもたれる、アトピーが悪化する、などなど)
                という方もいますが、宗教上の理由でという人も
                世界には多くいます。
                興味深いのがイスラム教ではある処置を施した肉のみ、
                口にすることを許されるのですが、
                そういう処置された肉のことを「ハラールミート」といいます。
                きちんとハラールミートであることを表すマークがつかられる
                そうです。↓




                「ハラール」とはイスラム法で許された項目のことで、
                ハラールミートとはイスラム法律にのとった屠殺方法で
                加工された肉、ということになります。

                そのほかには肉食に対する思想的な理由があります。
                ●動物が好きで、食物と思えない。また、食用に育てられる
                 動物の劣悪な環境や扱いを知って肉食をやめた。
                ●動物が殺される時の恐怖や怨念が肉に残るので
                 それを体内に取り入れるのはよくないという考えのもと。
                ●自然環境を守るため。飼料確保のために多くの熱帯雨林が
                 牧草地になり、また牛の飼料はアメリカで生産されている
                 穀物の80%以上を占めているといわれているので、
                 食糧難でいまだ多くの人が死んでいくことを考えると
                 肉食を支持することに疑問が残る。

                おもな理由はこんなところでしょうか?
                同じベジタリアンといっても本当に個人差があります。

                私はというと、小さい時は焼き肉の日は小躍りするほど
                お肉が大好きでした。同時に動物も大好きで何匹もの
                捨て犬や猫をうちで世話をしていました。

                転機は23歳の時に食用に飼われている鶏を見たときです。
                「え、これ食べるの?!」と改めて考えると、まず鶏肉が
                食べられなくなり、だんだん肉というものがだめになって
                きました。

                その前から知り合いのスリランカ人のお母さんが作るご飯が
                とってもおいしくて、自分でも作れたらとネットで
                インドやスリランカのレシピを探していたところ、
                インド料理にはヴィーガンやベジタリアンのための
                料理が多くあり、自然とベジタリアンや動物実験反対のサイトに
                たどり着き、薬品はまだしも、新しい化粧品開発のために殺される動物の
                ことを知って、動物実験をしている会社の商品は使わないように
                なりました。
                 ※化粧品などの動物実験についてはコチラ→
                 http://www.java-animal.org/

                こういうベースがあったので、生きた鶏を見ただけで
                ベジタリアンへの道にすんなり進んでしまったのかもしれません。

                おおざっぱな性格なので、細かなところまで栄養管理は
                できてないのですが、自然と豆類をとることが多くなるので
                お肉を一切食べなくなっても特に不調はないです。
                (たまに魚を食べているということもありますが)
                最近ではグルメ番組でも健康やダイエットのために
                ソイミートの唐揚げを出しているお店が紹介されていました。
                意外とおいしいのですが、本物のようなジューシー感には
                欠けるかも。

                大豆まるごとミート ブロックタイプ



                調理も簡単で、乾燥した状態のソイミートをお湯につけて
                もどしたら、あとは唐揚げの素をまぶして油でいためるだけ。
                (揚げてもいいし、多めの油で炒めても♪)
                戻す時にお湯に醤油などで下味をつけておくと中まで
                味がしみておいしいです。

                なかなか市販しているものを見かけることはないので
                ネットで買うことが多いですが、ここはおススメです。
                →かるなぁ さん
                http://www.karuna.co.jp/

                「お肉を食べない」というとよく言われるのが
                「じゃあ太らへんからいいなあ」なんですが、
                え〜、残念ながらそれは関係ありません
                炭水化物と甘いものでしっかり太ります・・・
                Lycka till * ベジタリアン * 09:21 * comments(0) * trackbacks(0)

                肉肉肉

                0
                   今月は仕事柄とっても忙しいうちの旦那さんは
                  大の肉好きということもあって、「疲れているときは
                  とにかく肉!」といわんばかりに肉を要求します・・・

                  そして私といえば、約10年ほど「肉を食べない」ベジタリアン
                  でして。
                  結婚する前は肉売り場もまともに直視することもなく、むしろ
                  眉間にしわを寄せながら肉売り場の横を足早に通りすぎる、
                  というくらい、あの一角は私にとっては恐ろしい場所でした。
                  今は「仕方なく」買って、調理もします。

                  が。

                  一切触らない。切らない。味見しない
                  なのでもっぱら炒めるか煮るか、ですね
                  味見もはじめに野菜を料理して味を確認してから
                  肉投入。あとはしりませ〜ん、という感じ。
                  「文句あるならご自分でどうぞ」という強気な私です

                  でもここ数年、一切お肉を買ったことがなかったので
                  一体どれくらいの量が一人前なのかすらわからず、
                  またどの部位はどういう料理に使うものかも知らないので
                  買い物に行って困ることもちょこちょこありました。

                  日本ではまだまだベジタリアンといっても
                  単に「肉を食べない人」というくらいの認識しかないかなあと
                  思うのですが、その上「肉=牛・豚のかたまり」という認識の方も
                  ちらほら・・・
                  鶏も羊も馬も「肉」なんですけど・・・?!
                  ベーコンもハムもウインナーもミンチも「肉」なんですけど・・・?!

                  そしてベジタリアンにもいろんな種類があり、
                  なった理由もさまざま。
                  基本的にはお肉は一切食べないのがベジタリアンですが、
                  卵・乳製品・魚(魚介類)を食べるか食べないかでいくつかの
                  種類があり、一番厳格な菜食主義者のことを
                  「ヴィーガン(Vegan)」といいます。
                  これは動物性のものは一切とらないという考えのもと、
                  食事に関しては蜂蜜もNGです。そして生活にまで
                  および、皮・毛皮製品はもちろんウール(羊の毛)や
                  シルク(蚕の繭からとったもの)も動物性のものと考えます。

                  私はお肉は一切食べないし、卵は「卵メインの料理」はNG
                  (卵焼きや茶わん蒸しなど)、牛乳は好きでないし、
                  基本的には牛の赤ちゃんの飲み物と思っているので。
                  魚介類は外での食事やエビ・貝はたまに家でも食べます。
                  あとチーズが大好きなのでこれがあるからヴィーガンには
                  まだまだなれへんなあというところです

                  靴やカバンも皮のものは気分が悪くなるのでだめですねえ。
                  もともとこういうものに興味があまりないので助かっていますが
                  まだまだベジタリアン用の靴屋さんなどはメジャーでないので
                  これからどんどん出てきてくれるといいのになあと
                  思っています。

                  海外のサイトではベジタリアンシューズのお店もあるんですよ。
                  あとは有名なところではステラ・マッカートニー(あのビートルズの
                  ポール・マッカートニーの娘)はヴィーガンで自身のファッション
                  ブランドも皮・毛皮製品は扱っていません☆
                  でもかなりお高いので全然手が出ませんが・・・


                  スウェーデンにいた時はどんなお店に食事にいっても
                  たいてい1品はベジタリアン用のものがあり、
                  ベジタリアンということ以外は全く食にこだわりのない
                  私はそれで満足でした。
                  ファーストフード店でさえ、ベジバーガー(豆メインの
                  野菜コロッケのようなものがはさんであります)が
                  あったなあ。
                  スーパーに買い物にいっても、冷凍食品コーナーには
                  ベジナゲットやベジソーセージも普通にあったし。
                  (これが結構おいしくて、なかなかリアルな味と食感
                  だったので、食べながら怖くなって何度か箱に記載
                  されている内容物をチェックしたことも

                  ちなみに飛行機の中でもベジタリアン用の食事がある
                  ことをご存知ですか??
                  (こんなサイトを見つけました→
                  http://3sisters.jugem.jp/?cid=36
                  チケット予約時に言っておかないとだめですが、
                  これにもいろんな種類があるんです。
                  宗教的に食べられないものがあるのでそれに合わせた
                  食事やヴィーガン用、乳製品はOKな人用などなど。
                  個人的には普通の食事よりおいしいと思います☆

                  日本でヴィーガンになると大変なだけでなく
                  付き合いにも影響が出てきますし、そこまで無理を
                  して周りの人に迷惑かけるというのもなんだか
                  違う気がするので、今はとりあえずお肉は一切だめ、と
                  いうスタンスだけは崩さず(というか、本当に無理なので)
                  生活しています。
                  でも周りの人が何を好み、目の前で食べようが、
                  それは私がベジタリアンを選択したように、彼らの選択なので
                  何も思いません。
                  こういう人もいるということをお互いが受け入れられたら
                  それでいいと思っています。
                  母にもはじめのころは、食事のたびに「お肉もなんでも
                  食べな!わがままはあかんねんで」と言われてました・・・
                  今ではありがたいことに、わざわざ私のために
                  ソイミート(大豆たんぱくでできたお肉もどき。
                  唐揚げの形のものが使いやすいです。)
                  で唐揚げもどきや、肉なし餃子を作ってくれるほどにまで
                  なりました☆☆

                  ベジのお話、続きます
                  Lycka till * ベジタリアン * 07:54 * comments(0) * trackbacks(0)
                  このページの先頭へ