スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    スポンサードリンク * - * * - * -

    伝えることと気づくこと

    0

      え〜本当に、とっても、かなり、めっちゃ、お久しぶりの更新です(^_^;)

      先日別のブログ(英会話)にアロマブログのことを挙げましたが、

      単にこのブログのことを忘れていた、というだけでは実はなくて。

       

      ブログを始めたのは、私のことを知ってもらうためと少しでも

      日々心軽やかに過ごせる方が増えるお手伝いになったら、と思ったから。

       

      人も世界も目の前の事実も、ちょっとやそっとじゃ変えられないし、

      変わらない。

      でも自分自身は自分がいつスイッチを押すかなだけで一瞬にして

      変えられる。

      そしてそれだけで、周りの人とのことも世界も目の前の事実も

      あたかも変わったかのように見えてくる。

      その方法だったり、そのこと自体を知るだけで、「色々楽になるよね」と

      知っているからこそ、悩んでいる方やもがいている方に少しでもそれらを

      伝えたい、と思っていました。

       

      でも、ある時思ったんです。

       

      「誰かに楽になってほしい。助けたい。

       これって大事だし、いいことだけど、なんかすごく傲慢な想いでも

       あるんじゃないか。」

       

      度合にもよりますが、悩んでもがいて苦しんで、というのもその人には

      必要な過程ということ、多々あります。

      どんなに素晴らしい情報やチャンスが来ても、その人の「タイミング」が

      来ていなければ響くどころか気づきもしない、なんてことも多々。

       

      そう思ったとき、私がお会いしたり、お話したりして、何気ない言葉の

      中からその人が自分に必要なことを得る、それってその人のタイミングだから。

      じゃあ「助けたい!」って必要以上に思ってなくても、その人のタイミングの

      中に「私と会う」が仕組まれていたら、自然とそして必然的にその人に会って、

      言葉を交わして、その人の中で何かが変わる。

       

      あ、なんだ、私勘違いしてた☆

       

      なんかね、そう思ったんです。

       

      そうしたら、色々面白いことが続きました。

       

      今まで「お伝えしたいこと」が多いのは、圧倒的に産婦人科でアロマを

      受けてくださるお母さんたちやアロマのお客様。

      それが、私の中で気づきが起こってから、アロマだけでなく

      ネイルのお客様や英会話の生徒さんと「タイミング」が来ている方と

      次々をお会いする機会ができて、そしてたいがいみなさん、

       

      「なんかカウンセリング受けてるみたいです!」

       

      と言ってくださる(^_^;)

       

      もちろん誰かと向き合うとき、今でも

      「辛いやろうなあ(+o+)どうにかこのしんどさを軽減できたら・・・」

      と思います。

      だからちょっとでもプラスになるかもと思う情報や考え方をお伝えします。

       

      でもそこから何を得るかは、私の管轄外。

      「ここ、イチオシ!」と思って伝えた言葉には全く反応せず、

      「あ、ソコですか☆」という言葉に反応されたとしても、

      それが私から発せられた言葉であれば、私のミッションは達成なのだと

      思うのです。

       

      たまに

      「もっと早く、こういうこと、気付きたかった・・・」

      とおっしゃる方がいます。

       

      え、早くに気付くって、多分無理ですよ?

      だって今までの色んなことがあって、今こうやって気づけるレベルに

      来たんですから☆

       

      もうね、死ぬまでに気づいたらいいんです!

      死ぬときに

      「あ〜私、ようがんばったわあ♥」

      って笑顔になれたらいいんです。

       

      早くに気付いてたら、辛かった数年は存在しなかったのに、と思う

      気持ちも分かります。

      でも今気づいたから、残りの人生は辛くなくなるから、よかった♥

      って思ったら、いいんじゃないですか?

       

      去年の私は色々学ばせてもらうことが多くて、はっきりいって人生で

      一番色んな感情を学んだ一年だったと思います。

      でもおかげで人に伝える力倍増したかも(^_-)

      そう思うと、むしろありがたい一年でもあるのです。

       

      物事のどの部分を切り取って眺めるか。

      それだけでも心の安定変わりますね。

       

      なんだか話が微妙にまとまってないですが(^_^;)

      ガツガツ伝えるのではなく、自分のタイミングと相手のタイミングを

      大事にしていきたいなと思っています☆

      ということが言いたいのでした(^_^;)

       

      ということでどうぞこれからもよろしくお願いいたします。

       

       

      Lycka till * 頭の中 * 14:14 * comments(0) * trackbacks(0)

      波に乗りましょ

      0
        なんだかジメジメ梅雨のような気候ですね…
        お盆あたりからの朝夕の涼しさが夏の疲れが
        溜まりにたまった体には堪えました(;_:)
        皆様、いかがお過ごしですか?

        忙しく充実した夏が終わり、数か月ぶりの
        連休もどきを取っています♪
        昨日は英会話のクラスの打ち合わせ後、そのまま
        カフェでこれからの諸々を整理整頓しようと
        いつも使っているアイデアノートなるものを
        見てたのですが…

        昔から
        『こうなりたい!』『こういうことがしたい!』という
        ことを書き留めていて、中には夢でしかないやろ…という
        内容なんかも書いてたりするのですが(^_^;)

        『2012』とメモしてあるページ。
        『いつ』という期限は書いてないですが、明らか当時
        手に入れてなかったことに対する自分の理想や思いが
        書いてまして。
        6つくらいあったかなあ。

        なんと2015年の今、全てクリアしておりました!!
        内、一つは当時の理想を大きく上回る『現実』に
        なっていました。

        『私、すごいやん〜♪えらいやん〜♪』

        速攻自分を(心の中で)褒めましたよ(^^)

        そして書いてる内容を見て、自分が3年間ブレずに
        同じような思いを抱いて歩んできていたことが何より
        嬉しかった。

        早速今からの理想と思いも書きました。

        夏休み最終日に姪っ子&甥っ子5人と恒例の
        2部制でプールに行ったのですが、久々真剣に
        バタ足(!)をすると恐ろしく疲れまして(^_^;)
        『魚ってすごいなあ☆』としょうもないことに
        感心したのですが、その2日後、ある方から
        『魚も鳥も水流や空気の流れに乗って進む』と
        言うことを聞いて納得!

        人も人生も『流れ』や『波』に乗らないからしんどく
        なるんでしょうね☆

        そしてそれはどれだけやる気があって、
        準備万端でもが来なければ意味がない。
        でも準備がなければ『その時』が来ても
        何もできない。

        私も長らく準備万端で待ってる波があるんですが
        波はまだ来ないようです…
        ウェットスーツも着てるし〜
        ボードも持ってるし〜
        準備体操もしたし〜
        常にビーチにいて、テント貼って夜も
        いますよ?
        なくらい準備万端ですが、ダメです☆

        もしかしたら今世では期待してる波はこないかも。

        最近はそれも『ええんちゃう?』と思ったりします。

        ま、来世に期待するわ☆

        なんてポジティブというか諦めがいいというか(^_^;)
        でもこう思うと気持ちに隙間ができました。
        水が風が入る隙間がないと、それこそ流れが変わらないままで
        波なんて起こらないですからね♪
         
        Lycka till * 頭の中 * 12:40 * comments(0) * trackbacks(0)

        全てはつながる

        0
          今週末のイベントのお知らせはコチラ

          先週末は久しぶりに東京までお勉強に行ってきました♪
          お勉強には時間もお金もかかります…
          が、半年も前から申し込んで心待ちにするほどの講座が
          ありまして♪

          インガ・ドーガン来日セミナー
          セラピューティック・リフレクソロジー〜腸内環境と東洋医学〜


          ここ数年足裏の面白さとカウンセリング力に魅せられている
          私には「いかねば!」と思わせるタイトルです(^^)
          しかもこれまた大好きな東洋医学も絡んでいるとなれば
          東京まででも行きますわよということですね。

          主に経絡や不調と胃腸との関係を学びましたが、体って
          おもしろいな〜、東洋医学っておもしろいな〜ということ満載
          で、新しい知識はもちろんなんですが、「ああやっぱりつながってる
          んやな」と思うことも多々あって、本当に「行ってよかった!」という
          2日間でした。

          このインガ先生、リフレがあるからここ数年医療保険には入ってないと
          豪語するくらいでして。経絡とリフレクソロジーのパワーを数年にわたり
          実感されています。
          リフレクソロジストとしてのアプローチなので、足から経絡に働きかける、
          ということなのですが、衝撃だったのが
          「禁忌はない」とおっしゃったこと。

          経絡は全身に巡っているから、どこかの臓器だけを避けてアプローチする
          ことはできない。

          ということなんですが、よくよく考えると結局体は全てつながっているから
          当然なんですよね。
          切り離して考えるのは西洋医学的。東洋医学をベースにしているので
          「禁忌はない」ということになるんですね。

          そしていかに腸内環境を整えるかがリフレを受けるだけじゃく、大切かと
          いうことも何度もおっしゃいました。

          確かに。

          臭い(不調)がするからといってスプレー(ケア)をふりかけても
          根本的なにおいの元(食事・腸内環境)を整えなかったら、また臭いは
          してくる。

          ということ。

          たまたま(=必然)横に座ったお二人のセラピストさんとはなぜか(=必然)
          お話が進み、と良いご縁にも恵まれて。

          体のことも、ご縁も、自分自身を知ることも、一見つながらない・つながって
          いないように思うことが実はつながってる、と最近強く感じます。

          体の不調、自分自身のトラブルを人のせいや物のせいにしていている間は
          本当の健康や幸せってこないんですよねえ。
          でも楽。
          全ては自分の責任なのに、それに目を向けない間は不調はあるけど、
          人のせいにできるので楽です。
          だから全てのつながりに目がいかず、足元しか見えてない。だから治らない。

          腹をくくって全ては自分の選択の結果、自分の責任と思えるようになると
          急に蜘蛛の巣のように張り巡らされたいろんなつながりが見え、物事の仕組みが
          わかり、体も心も人生も少しずつハッピーな方向に進んでいく気がします。

          私をプライベートで知ってる方なら、ここ数年の私の唯一?の後悔を
          知ってらっしゃるかと思いますが(^_^;)、基本後ろ(過去)をあまり
          振り返らない私が消したいと思う過去が一つだけあり、それを
          ぐだぐだ人のせいにしている間は文句やぐちを言うパワーがありました。

          でも、結局は「私」が決めたこと。これは学び。
          そう思える・思うようになると文句やぐちが減りましたねえ。
          だって、自分に対して自分で文句言うのってテンション余計に
          下がるじゃないですか☆
          そうやって自分の選択や行動、思考の結果と向き合い、
          自分で責任を取ろうとするとき、またひとつ見えてくるものが
          あるのだと思います。
          という私もまだ見えてないものがあるようで、お勉強中ですが(^_^;)



           
          Lycka till * 頭の中 * 08:58 * comments(0) * trackbacks(0)

          なんでなんで?

          0
            最近ブログが疎かになっています・・・
            GWが終わり、日常に戻りつつあるかと思いますが
            いかがお過ごしでしょうか?

            4月はありがたいことにバタバタしていたのに加え、
            プライベートでの諸々のストレスが起爆剤になったのか
            珍しく微熱(といっても低体温な私は36度台が微熱(^_^;))
            が1週間も続き、鼻もなんだかグズグズで…

            この「スッキリしない」体の状態、もうまさしく私の
            心の状態と同じ!しかも痰のからんだような喉や鼻の
            状態も珍しく悪態をつきまくっていた私の心の反吐のよう…

            おもわずね、「教えてくれてありがとう…」と思いました☆

            誰に??

            私の体に、です。

            こんなにもシンクロするとは面白いなあと改めて実感。
            うーん、むしろ「シンクロしてる」と思いこんでるだけ
            なのかもしれません。
            でも、なんでもいいんじゃないですか?

            自分の心の状態にいかに早く気付いて、自分で心も体も
            ケアするか、がなんせ大事だから。

            この1週間の体調不良の前には、あるお仕事の依頼に対して
            「嬉しい・ありがたい・やりたい」のポジティブな気持ちと
            裏腹になんだかパッとしない、もやもやした気持ちが半分以上も
            ありまして。

            数日、自分に対して
            「なんでせっかくのチャンスでやりたいと思ってるのに
            こんなもやもやするんやろ???」
            と問い掛け続けましたわ☆

            で、結果
            「枠にハマらなあかんのがどうしてもイヤやった」
            という(^_^;)答えが出てきまして。

            それが分かると対策ができる。
            対策ができると前向きに取り組める。
            今じゃ、その仕事が楽しみでしかない。

            体調が戻ったのと同じように、心もスッキリしましたとさ。

            ここで、
            「もやもやするし、お酒飲んどこか…」
            「もやもやするし、買い物しとこか…」
            「もやもやするし、友達としゃべっとこか…」
            をしてもですね、たぶん、何の解決にもならんかと。

            いや、多少は気が紛れるだろうし、解決した「気」には
            なるかもしれません。

            でもいつも&必ず、真実の答えというのは自分の中にしか
            見つからないと思ってます。
            見つけるのも自分自身。
            ホントにスッキリしたきゃ、自分でやるしかないのですよね。

            何かスッキリしないとき。
            まずは自分の心に聞いてみてください。

            「なんで私、スッキリしてない?何がイヤ?どういう状態・条件
            やったら、今の状況スッキリする?」

            もしかすると慢性的な不調だと思っていた、体の状態まで
            良くなるかもです♪




             
            Lycka till * 頭の中 * 22:25 * comments(0) * trackbacks(0)

            自分がうまれた日に想うこと

            0
              昨日は37回目の誕生日でございました(^^)
              8時半のネイルのお客さまに始まり、十一屋工務店さんの
              オープンハウスでアロマ体験コーナーをさせて頂き、
              姪っ子たちのダンスの発表会を見に行って…と
              あっという間に過ぎた一日でした。

              オープンハウスは土曜日の晴天とはうってかわっての
              肌寒い雨空でしたが多くの方がいらっしゃり、
              アロマ体験もして頂きました♪


              みなさん思い思いの色や形のバスボムや手ごね石けんを
              作られてたのですが、小4男子のこのステキな作品♪
              左上のはなんと球状になってるところに顔が!
              こどもの自由な発想はほんとにステキです!


              十一屋さんには色々お気遣い頂き、よい時間を過ごさせて頂きました!
              合間に見させてもらった新築のおうちは、昭和な家に住んでる私にはまさしく
              別世界!『いいですね〜』と何度言ったことか(^_^;)

              体験頂いた皆様、十一屋の皆様、ありがとうございました!

              この日は朝からたくさんの方から誕生日のお祝いの言葉を頂くことができ、
              歳を重ねる度に大事な人やご縁が増えることへの感謝でいっぱいです。
              そして歳を重ねることがむしろ自分の強みにさえできるような、そんな
              人間であり、女性でありたいと改めて思いました。

              さてここ数日、特にお風呂に入っているときなんですが、
              『今ごろ、産まれようとしてたんかなあ』とか
              『顎を引きながら、狭い産道を通ってたんかなあ』とか
              37年前の自分自身が生まれるプロセスを想像することがありまして。
              昨日は、自分の出生時間が15時ということもあり、夜お風呂に入りながら
              『お母さんは今頃疲れ果てて、でもホッとしてたんかなあ』とか
              『お父さんは初めての子供で嬉しかったやろうなあ』とか
              そんなことを思うと、純粋に『生まれてこられたこと』、
              『ここまで37年も!生きてこられたこと』への感謝で涙がでました。

              誕生学を伝えていながらも、やっぱり自分の誕生日が近くなると
              自然と、そしてより強く『産まれる』ことへの奇跡や感謝を
              感じられる気がします。

              『産んでもらってありがとう。育ててもらってありがとう。』
              だけじゃなく、
              『頑張って生まれてきた自分、やるやん!頑張ったやん!』
              そんな気持ちも感じました。
              むしろそれを感じられると、周りへの感謝が付随して感じやすく
              なるのかもしれません。

              自分で自分をほめることのパワーってやっぱりすごいですね。

              誕生学はなかなかうまく活動できてないのですが、
              自分の誕生月に聴く誕生学、それ以外のときに聴くよりも
              お子さんにとっても、そしてご家族にとってもより深く
              届く気がします。
              誕生月に聴く誕生学の案、練ってみます♪
              必要な方へ届けられますように。

              37年生きてきた自分にありがとう。
              37年生かせてもらってありがとう。
               
              Lycka till * 頭の中 * 18:30 * comments(0) * trackbacks(0)

              3人ルール

              0
                あけましておめでとうございます。
                今年もどうぞよろしくお願いします。


                今年は3日から仕事始めで、あっという間に1週間が経った
                感じです。
                ↓看板猫の福ちゃんは冬の間は常に正月ボケ状態Docomo_kao8


                さて、新しい年明け、今年こそは!と抱負や目標を
                胸に刻んだ方も多いかと思いますが、そのサポートに
                なるかなという『3人ルール』のお話です。

                私の個人的な経験や感覚からのルールなので、
                『なんで3人なん?』とか言われましても答えはありませぬアセアセ

                どんなルールかと言いますと、ある一定の期間(よくみなさんが
                『最近』という表現をする期間のことと思ってもらうと
                わかりやすいかと)に3人の人から同じような内容のことを
                言われたら、その内容がどんなものであっても今聞くべき、知るべき
                ことであり、今の自分に必ずプラスになる内容であるから
                その内容に気持ちを向けましょうというもの。

                ここで大事なのはこの『3人』。
                自分を含めた仲良し4人組の女子会で、友人1人が言ったことに
                他2人も同調する、というのは3人には含まれません☆
                この場合は1人とカウントします。
                だって女子ってすぐに流されて、思ってないことでも『うんうん』
                いいますからDocomo88
                全く違う状況で、知り合い同士でない人たちから、ある一定の期間に
                言われること、というのがポイントひらめき

                内容はかなり幅広いと思います。

                『キレイになったね。やせたね。ちょっとぽっちゃりしたんちゃう?
                 笑顔がいいわあ。目つき悪いなあ。スポーツ得意そう。…』
                というような外見のこと。

                『言い方キツイ。優柔不断やなあ。心配症?いつも元気ですね。…』
                というような性格を現すようなこと。

                『自業自得やで。悪いことしたら自分に返ってくるよ…』
                というような人生論のようなこと。

                これ、面白いほど、メッセージをもらえるときというのは同じような
                ことを数人の人から言われるですよ。

                言われた内容がよくも悪くも納得できなくても、
                『なんで言われたんやろ?』と考えること。自問自答すること。
                きっと今の人生ステージからレベルアップするための答えがそこに
                あるはずなんです。

                褒められるときは自己評価が低い時で、思っている以上に
                頑張りの積み重ねに結果が伴っているのかもしれません手
                そしてその褒められた分野にご縁があったり、自分のチャームポイントを
                見つかることができるかもしれません。

                悪いことを言われたとしても、むしろチャンスがやってきてる証拠!
                『いやあ、やっぱり私には伸びしろがいっぱいあったのね♪』と
                メッセージを受け取れる状態にまで成長している自分をほめてあげましょ。
                褒めて気分を良くしてから、反省会ですDocomo_kao8
                気づいていることも、気づいてないことも、そのマイナスポイントは
                レベルアップするにはネックになっているはず。
                自分の弱みを受け入れ、理解することは最大の強みになります。

                3人からといわず、ガツンとくるメッセージを一人からでももらったとき。
                キーポイントは常に
                『自分をほめること。』
                (思ってなくても10回声に出したら、そんな気してきます)
                『自問自答すること。』

                どんなすごい人のセミナーや自己啓発系の本を読んだところで、あなた自身は
                たいして変わってないハズ。
                行った・読んだ・心に響いた というのは『自問自答した』とイコールじゃない
                ですから。

                答えはいつも、そして必ず自分の中にしかないんです。
                きっかけは3人ルールのように周りにいっぱいあるし、気付ける人もたくさん
                います。
                でもそこから自分の中でどう掘り下げるかをしないと、もったいない。

                プロや周りの人に助けを求めたらだめとか、意味がないということでは
                もちろんないですよ。

                灯台元暗しになっちゃってませんか?ということ。

                『やった感』なんてどうでもいいんです。
                セミナーに行った、本を読んだ、というのはやった感、あるでしょうねえ。
                自問自答なんて他人には見えないし、あまりにも地道な作業でしんどいし。
                だからこそ、その対価を得ることができるのにねえ。
                もったいない☆

                感じる感情、今の頭にある不満や不安。
                全てに、ひとつひとつ丁寧に、
                『なんで私今こう思うんやろ?感じるんやろ?』と
                問いかけます。

                はっきり言って答えがすぐにでることはなかなかないと思います。

                でも折りに触れ、続けることで絶対幸せ度が高くなり、辛いことに
                対する折り合いのつけ方が上手くなり、目元の表情が変わるはずです。
                (目元みると、その方の色々がわかる気がします。)

                私自身もいくつかメッセージをもらっていて、自問自答の途中♪
                答えを見つけらるのが楽しみです♪


                 
                Lycka till * 頭の中 * 12:00 * comments(0) * trackbacks(0)

                感じてはいけない感情

                0


                  よく「友達の幸せを素直に喜べない。大事な友達
                  なのに…そんな自分が嫌なんです。」というような
                  お話を伺います。

                  相手は友達に限らず。自分が嫌になるような感情も
                  さまざま。

                  以前セラピストをしている方が
                  「菩薩のような心でないと人は癒せない」と言われて
                  すごく違和感を感じたのを覚えています。

                  憎いほど羨ましい
                  失敗したらいいのに
                  なんであんな人が…
                  いい気味だ
                  大嫌い
                  消えてほしい
                  ・・・・

                  こういうネガティブな、人には大きな声で
                  言えないような感情って、ダメなんでしょうか???

                  だってそれもまぎれもない「あなた」の一部ですよね。

                  そこを否定するというのは自分自身を否定すると
                  いうこと。

                  それが積み重なれば、自己肯定感もクソもない、
                  ってことになっちゃいます…
                  自己否定の塊。
                  悲しいですよね。

                  大事なのはそういう感情を感じた自分を否定することや
                  なかったことにすることじゃなく
                  (感じないようにするのも不自然)、

                  「なんで今私はあの人のことを憎らしいって
                   思うんやろ?」

                  と自分の感情を掘り下げてみること。

                  「憎らしい」は単なる表面上の感情でしかないんです。
                  その裏に深く根付いている感情や思考を知ることの方が
                  大事。
                  それこそが自分を知ることになるのだと思います。

                  私も物事がうまく回っていないとき、ブログや
                  FBなどで知る、上手くいっている(ように見える)
                  人達のことを
                  「うらやましい…」
                  とネガティブな気持ちで思ってしまうこと、
                  よくあるんです。

                  でもその後に自分に対して
                  「じゃあ、あの人達がやってること、自分がやりたい?できる?」
                  と聞いてみると
                  「う〜ん、できひんし、やりたくないし、あの人達のように
                  なりたいわけじゃない。」
                  という自分の奥の方からの答えが出てきます。

                  なんや、自分のやりたいこともできることも
                  わかってるけど、今単にうまくまわってないから
                  ぐだぐだ言うただけかいな。

                  ということが分かると、スーッと「うらやましい」が
                  消えるんですよね。

                  腹が立つ、悲しい、むなしいっていうネガティブな感情の
                  ときはなおさらこういう自問自答大事です。
                  そして同じように「なんか幸せ!」というポジティブな
                  感情の時も
                  「なんでこんなに幸せを感じるんやろう?」
                  と考える癖をつけるとおのずと自分の進むべき道が
                  クリアになります。

                  幸せを感じる理由が分かれば、それにあてはまる環境を
                  つくるようにすればいいだけだから。

                  と簡単に言っちゃいましたが、でもそうなんですよね。

                  何をしていいのかわからない、という方は自分が何を
                  しているときにどんな感情を持つのかわからない、
                  という方でもあるかと思うんです。
                  それだと仕事も、一緒にいる相手も「これだ!」と
                  いうものに出会うのはちょっと大変かも、です。
                  どこを探していいのかわからないから。

                  セラピストでも、人を羨んだり、憎んだり、嫌ったり
                  することあって当然。
                  それをどう処理し、どう自分の肥やしにするかで
                  セラピストの深さというか幅が変わると思っています。
                  単に「いい人」でいることって、実は意味のないこと
                  なのかもしれません。
                  だって中身がないですから。

                  あなたはどんな感情に縛られやすいですか?


                   
                  Lycka till * 頭の中 * 12:43 * comments(0) * trackbacks(0)

                  おとなも、ほめよう

                  0
                    アロマ講座のお知らせはコチラ♪

                    今日TVを見ていたら流れてきたACジャパンのCM。

                    いろんな場面で大人が大人をさりげなく褒めている…
                    そして最後に

                    「おとなも、ほめよう」

                    という表示とナレーション。

                    こういうのがCMで何気なーくTVを見ている
                    だけだった人の目や耳に入る、というのはすごく
                    嬉しいことですね。

                    ほめられて嬉しい人はいーひんよなあ!

                    というのは母とよく話す内容のひとつなのですが
                    子供たちに対してはもちろん、産婦人科アロマで
                    お会いするお母さんたちにも、この
                    「ほめる」というのは絶大な効果を発揮してくれる、
                    と実感しています。

                    褒められて嬉しくなったり、自信になったりすると、
                    もうちょっとがんばってみようかな、という前向きな
                    気持ちも出てきたり、人からのアドバイスを素直に
                    受け取れたり、ということ、ないですか?

                    子供のときはそうやったけど…という方が多いのかな。

                    お母さんたち、特にお二人目ご出産の方に
                    赤ちゃん返りのことをお話する時に

                    「赤ちゃん返りはそれだけお母さんを大好きで今まで
                    いられた証拠!
                    「私、やっぱりいいお母さんしてたんや♪」って
                    ご自身を褒めてあげていいくらいなんですよ♪」
                    とお伝えすると、いろんな反応が返ってきます。

                    ニヤっとされる方。
                    すごく嬉しそうに、でも恥ずかしそうにされる方。
                    「え!!そうなんですか!」と驚かれる方。
                    そして、目を潤ませる方。

                    同じようにアロマの施術後にカラダのサインをお伝え
                    しながら
                    「よく頑張ってらっしゃいますね。しんどかったでしょう」
                    とお伝えすると

                    よくぞわかってくれました!という反応をされる方。
                    褒められなれてないからか謙遜される方。
                    そう言ってもらえたらなんだかほっとした、という表情
                    になる方。

                    「めっちゃ私頑張ってるし!」という自覚はあっても
                    褒められてないと、そこの主張ばかりが目立つことって
                    ないですか?

                    褒められない=自分の頑張りが周りに認められて
                    いない・気づかれていない、となってそれを
                    アピールするために「自分の」頑張りや辛さだけが
                    先にきてしまうんですよね。

                    同じように頑張っていても
                    「いつもありがとう。よく頑張ってくれてるよね」
                    そんな言葉をいつも誰かからもらえていたら。

                    自分の頑張りアピールが減って、周りへの感謝が
                    口から出ることが増えるのかも。

                    もしあなたの周りに自分の頑張りアピールがすごい
                    人がいたらぜひ一言褒めてあげてみてください。
                    あなたの言霊がその人を変えるかもしれません。

                    もしあなた自身が自分の頑張りアピールがすごいと
                    したら…
                    ぜひ自分自身に心をこめて
                    「やっぱり私ってえらいよね、よくがんばってるよね。」
                    と褒めてあげてください。
                    あなた自身の言霊があなたの心を癒し、あなたを変えて
                    くれると思います。


                     
                    Lycka till * 頭の中 * 22:34 * comments(0) * trackbacks(0)

                    「自然」

                    0
                      ここ最近「アロマセラピー」を知らない方に
                      どうやったら・どんな言葉を使ったら
                      わかりやすく伝わるんだろう?ということを
                      考えていまして、先日仕事で書道の先生と
                      色々お話する機会があったときに考えていた
                      アロマ語録を聞いてもらうことがありました。

                      「巷で売られている芳香関係のものは
                      香りも強すぎるし、触ったらまた香るとか
                      ほんま怖いですよね」
                      「良い物だからこそ、できるだけ良い状態を
                      長くキープしたいというのは誰しも思うこと
                      だけどリミットがあるからこそ価値もあるし、
                      大事にするっていうもんですよね」

                      なんて話から、真実は不変と思える話へ展開
                      しまして。

                      その書道の先生がお師匠さんの書の展示会へ
                      行かれたときのお話。
                      その展示会は華道の先生とのコラボだったという
                      ことで桜の花(木)が生けられているところに
                      お師匠さんの書が飾られていて、すごく素敵
                      だったのだそう。
                      ところが展示会は数日間開催されたため、
                      そのうちきれいだった桜の花は散り、なんだか
                      せっかくのお師匠さんの書にふさわしいとは
                      思えないような状態になってきたのを見た
                      書道の先生は
                      「せっかくの先生(お師匠さん)の作品が桜が
                      枯れてきたから残念に見えますね」
                      とお師匠さんにおっしゃったのだそう。

                      それを聞いたお師匠さんと華道の先生は
                      そうじゃない、と否定されました。

                      花が咲いていても、散っていても、どの状態も桜
                      であることに変わりない。
                      それぞれの状態に合った書というものがあるから
                      それでいいのよ。

                      と。

                      これってアロマセラピーの香りのことにも通じるし、
                      人間の生き方にも通じる、深い話だなあと思います。

                      日本にいるとすごく年齢を気にする社会、と感じ
                      ます。
                      なんでも若けりゃ、いい。
                      年齢を重ねてくると、「年相応」の魅力より
                      「美魔女」的な魅力の方が大事。
                      まさしく、時よ止まれ!で一番いいときをいかに
                      同じ状態でキープするかが大事、という文化が
                      あるように思います。

                      でもそれってはっきりいって不可能。
                      始まった瞬間から終わりへのカウントダウンは
                      始まるわけで、それぞれの状態にはそれぞれちゃんと
                      意味も魅力もある。

                      昔の人はそういう点、潔かったんじゃないかなあ。

                      年齢に変に抗わず、自分の老いや死期に向き合う
                      強さを持っている人が多かったんじゃないかと
                      思います。

                      今はプリザーブドフラワーの時代。
                      (プリザーブドがお好きな方、されているかたごめんなさい)
                      なぜかあまりプリザーブドに興味を持てずに
                      いたのですが、今回の書道の先生とお話していて
                      気づきました。

                      色を抜いて、よりキレイに見える色をつけ、それを
                      薬品を使ってキープする…

                      極端ですが、まるでぴちぴちの20歳くらいを
                      ホルマリン漬けにしてでもキープするという感じ?

                      スウェーデンは寝たきり老人がいない、という
                      記事を読んだことがありますが、実際には「いない」
                      のではなく、「作らない」ということ。
                      本人も周りの家族も高齢の体に鞭打って過剰な医療介入
                      を必要なことだと思っていない、という背景が大きく、
                      自然と死期を受け入れ寝たきりになるまでに天に
                      召される、ということなのだそう。

                      プリザーブドではなく、生花の儚いけれど美しく、
                      強い生き方ですね。

                      アロマセラピーで使う精油の香りが、流行りの
                      柔軟剤のようにずっともったらいいのに…と
                      思われる方がいらっしゃったとしたら。

                      香りが消えるということは生きているということ。

                      植物の命をもらっているからこそ、人工の香りには
                      ない力があり心やカラダをやさしく癒してくれるのだ
                      ということ。

                      そう思えるといろんなものの見方が変わるかな?

                       
                      Lycka till * 頭の中 * 11:26 * comments(0) * trackbacks(0)

                      正しい「頭」の使い方。

                      0
                        7月5日(土)&7月15日(火)
                        オシャレなカフェで英会話♪@Upper Secret

                        ♥7月19日(土)女子力UP♪講座

                        「大人女子のためのアロマロールオンWS」

                        いつも
                        「頭・心・カラダのバランスが大事ですよ〜」
                        「頭は独裁主義者になりがちだから心と
                         カラダの声も
                        聞いてくださいね〜」
                        なんてことを講座でもブログでもお話して
                        いますが、今日は「頭」もそんなに
                        悪者じゃないよというお話です。

                        普段の頭のメインのお仕事はいわゆる
                        優等生の意見を心とカラダに伝える、
                        というようなことで、しんどくてもやらねば
                        ならぬことをやるようにしたり、
                        いい子ちゃんでいようとしたり、
                        転ばぬ先の杖的な思考をしたり、などなど。

                        これがひどくなると、心もカラダもへとへとで
                        疲れ切ってるのにも関わらず、お構いなしに
                        「頑張れ、いい子でいろ!」とおしりを蹴り上げ
                        Docomo_kao20
                        結局心の病やカラダの病に追い込む結果と
                        なっちゃうのですよね…
                        Docomo_kao19

                        でも、これをうまく利用すれば心もカラダも
                        ちょっと元気になっちゃいますのよ〜
                        矢印上

                        例えば。

                        産婦人科アロマで産後のお母さんとお話する時、
                        9割の方は母乳育児を望まれていて、
                        そのうち半分くらいでしょうか、何かしらの
                        不安(出るかどうか、足りるかどうかなど)を
                        お話くださいます。
                        それとは別に
                        妊娠中の疲れ
                        ショボン
                        出産の疲れショボン
                        産後の睡眠不足ショボン
                        これからの諸々の不安などショボン
                        で心身ともにゲッソリお疲れガーンネコな方は多く、
                        特に出産の興奮による寝つきの悪さや睡眠不足を
                        訴える方は本当に多いです。

                        そんな方でかつ母乳の出を気にされる方には、
                        「おっぱい工場は受注生産制工場ですよ
                        ひらめき
                        というお話をさせて頂くのですが、中でも
                        「夜に発注をかける(授乳する)と生産が
                         昼間の2倍になるんですよ
                        手
                        という言葉に

                        「え!!」

                        と食いつかれる方、多いです
                        ちゅん
                        そしてその後に

                        「じゃあ、夜がんばろかな
                        キラキラ

                        と先ほどまでは「睡眠不足で…
                        ショボン」とぐったり
                        されていたはずの方が言われるのですよ
                        ウインク

                        これは「頭」が心とカラダのモチベーションを
                        うまく上げる
                        矢印上ような思考をしてくれたおかげ☆

                        睡眠不足つながりでいうと、産後「寝た!」と
                        思って時計をみるとまだ2時間くらいしか経って
                        おらず、あまり寝てないという事実に
                        『寝た気がした』
                        とはいうものの、なんだか急に疲労感を
                        感じてきた
                        ぴのこ:)という方も多いです。
                        そんな方には

                        「しんどいとは思いますが授乳のことを考えると
                        お母さんが産後6時間も8時間もぐーぐー
                        寝ちゃったら、赤ちゃん大変になりますよね。
                        だからカラダはちゃんと起こしてくれてるん
                        ですよね。
                        「お母さんスイッチ」ちゃんと入ってるようで
                        よかったですね
                        heart
                        とお話すると、
                        「そういわれると気持ちが楽になりました
                        顔
                        とおっしゃる方や、表情が和らぐ方が多いです。
                        これも「頭」のモチベーション力を使った効果。

                        よく言われる、コップの中の水が
                        「これだけ『しか』残ってない
                        ショボン」と思うか
                        「『まだ』こんなに残っている
                        矢印上」と思うか、
                        というのも同じですね。

                        心とカラダに余裕ができると、持っている力を
                        発揮できるエネルギーが有効活用できると
                        思うのです。
                        やっぱり頭は上手に使った方が断然お得!
                        体育会系のスパルタではなく、ぜひ褒めて
                        伸ばす!的な頭の使い方をしてみて
                        くださいね♪

                         
                        Lycka till * 頭の中 * 21:29 * comments(0) * trackbacks(0)
                        このページの先頭へ