<< 肉肉肉 | main | 森の家の手作り市♪ >>

肉肉肉

0
     ベジのお話の続きです☆

    ベジタリアンになる理由はさまざまと書きましたが
    中には体質的に動物性の食べ物が合わない
    (胃がもたれる、アトピーが悪化する、などなど)
    という方もいますが、宗教上の理由でという人も
    世界には多くいます。
    興味深いのがイスラム教ではある処置を施した肉のみ、
    口にすることを許されるのですが、
    そういう処置された肉のことを「ハラールミート」といいます。
    きちんとハラールミートであることを表すマークがつかられる
    そうです。↓




    「ハラール」とはイスラム法で許された項目のことで、
    ハラールミートとはイスラム法律にのとった屠殺方法で
    加工された肉、ということになります。

    そのほかには肉食に対する思想的な理由があります。
    ●動物が好きで、食物と思えない。また、食用に育てられる
     動物の劣悪な環境や扱いを知って肉食をやめた。
    ●動物が殺される時の恐怖や怨念が肉に残るので
     それを体内に取り入れるのはよくないという考えのもと。
    ●自然環境を守るため。飼料確保のために多くの熱帯雨林が
     牧草地になり、また牛の飼料はアメリカで生産されている
     穀物の80%以上を占めているといわれているので、
     食糧難でいまだ多くの人が死んでいくことを考えると
     肉食を支持することに疑問が残る。

    おもな理由はこんなところでしょうか?
    同じベジタリアンといっても本当に個人差があります。

    私はというと、小さい時は焼き肉の日は小躍りするほど
    お肉が大好きでした。同時に動物も大好きで何匹もの
    捨て犬や猫をうちで世話をしていました。

    転機は23歳の時に食用に飼われている鶏を見たときです。
    「え、これ食べるの?!」と改めて考えると、まず鶏肉が
    食べられなくなり、だんだん肉というものがだめになって
    きました。

    その前から知り合いのスリランカ人のお母さんが作るご飯が
    とってもおいしくて、自分でも作れたらとネットで
    インドやスリランカのレシピを探していたところ、
    インド料理にはヴィーガンやベジタリアンのための
    料理が多くあり、自然とベジタリアンや動物実験反対のサイトに
    たどり着き、薬品はまだしも、新しい化粧品開発のために殺される動物の
    ことを知って、動物実験をしている会社の商品は使わないように
    なりました。
     ※化粧品などの動物実験についてはコチラ→
     http://www.java-animal.org/

    こういうベースがあったので、生きた鶏を見ただけで
    ベジタリアンへの道にすんなり進んでしまったのかもしれません。

    おおざっぱな性格なので、細かなところまで栄養管理は
    できてないのですが、自然と豆類をとることが多くなるので
    お肉を一切食べなくなっても特に不調はないです。
    (たまに魚を食べているということもありますが)
    最近ではグルメ番組でも健康やダイエットのために
    ソイミートの唐揚げを出しているお店が紹介されていました。
    意外とおいしいのですが、本物のようなジューシー感には
    欠けるかも。

    大豆まるごとミート ブロックタイプ



    調理も簡単で、乾燥した状態のソイミートをお湯につけて
    もどしたら、あとは唐揚げの素をまぶして油でいためるだけ。
    (揚げてもいいし、多めの油で炒めても♪)
    戻す時にお湯に醤油などで下味をつけておくと中まで
    味がしみておいしいです。

    なかなか市販しているものを見かけることはないので
    ネットで買うことが多いですが、ここはおススメです。
    →かるなぁ さん
    http://www.karuna.co.jp/

    「お肉を食べない」というとよく言われるのが
    「じゃあ太らへんからいいなあ」なんですが、
    え〜、残念ながらそれは関係ありません
    炭水化物と甘いものでしっかり太ります・・・
    Lycka till * ベジタリアン * 09:21 * comments(0) * trackbacks(0)

    スポンサーサイト

    0
      スポンサードリンク * - * 09:21 * - * -

      コメント

      コメントする









      トラックバック

      このページの先頭へ