<< 喉・その後 | main | 想像力 >>

古いもの

0
    今日は珍しく画像多いです
     先日うちのご近所さん宅で仕事を
    頂いた弟から
    「好きそうな古い箪笥があるねんけど
    いらん??」と電話が

    話を聞くと物置の中のものを片づけるのに
    捨ててもいいし、もらってくれる人がいれば
    あげてくれ、とのこと。

    そういうの大好き!な私は早速見に行き、
    上下に分かれる昔の箪笥の上の部分が
    うちにお嫁にやってきました♪
    コチラ↓(まだお掃除できてませぬ)
    気持ち大き目(背が高め)ですが、なかなかの美人
    さん♪

    うちにはすでにこれまた古い箪笥が
    一竿。出会ったときに一瞬で一目ぼれ。
    恋は実り、なんとタダでお嫁入り!
    コチラ↓



    そして元々は祖母の家なので捨てるに
    捨てられないおばあちゃんの家具も
    色々とありまして。

    桐の箪笥はなんと三段階に分かれます。
    そのうちまだ祖母の物を入れてあるものは
    押入れにしまいこんでますが、縁側で
    こんな風に使わせてもらってます☆
    天気のいい日は三毛猫福ちゃんも置物の
    ように箪笥の上にちょこんと座ったり
    コチラ↓




    ついでに実家の祖母が捨てようとしていた桐の箪笥も
    柿渋を塗りたくって玄関へ。上の引出し2段ははじめ
    から無かったのですがそれがまたちょうどよかったり
    して。引出しには靴が入っております



    昔から(多分母のクロワッサンを読んでいた
    小学生の頃から)古い和箪笥が好きで
    階段状になってるものや朱色のものとか
    何を入れるわけでもなく、ほしくなるのです。

    「願えば叶う」といいますが、欲しいものや
    手に入れたいものはやましい気持ちでは
    なく、純粋に「こういうの欲しいねん♪
    好きやねん♪」と公言しておくと言霊パワー
    もあってか向こうから来てくれることも
    アリ。

    古くて良いものは絶対同じものは2度と
    作れない、同じものは2つとないということ
    もあって惹かれるのかなと自己分析。
    歳を重ねるならこの箪笥たちのように
    「古いからこそいい!」と言われるような
    おばさん&おばあちゃんになりたいわ・・・

    Lycka till * 日々 * 20:04 * comments(0) * trackbacks(0)

    スポンサーサイト

    0
      スポンサードリンク * - * 20:04 * - * -

      コメント

      コメントする









      トラックバック

      このページの先頭へ