<< 恒例3部制プール☆ | main | 外世界 >>

ねばねば。

0
     だいぶ涼しくなってきて、朝夕は靴下を
    必要とするくらいになってきました。
    夏の間、うちではねばねばコンビが
    大活躍しておりまして。

    オクラと納豆。

    さっと湯がいたオクラを小さく輪切りに
    したところへ納豆を合わせ、だし醤油と
    梅肉とゴマを入れて混ぜる、と簡単かつ
    美味な一品。

    オクラって英語でもOkraってご存知でしたか?
    スウェーデンにいたころはスーパーでは
    見かけないものの、中東の人が経営する
    マルシェではかなりおおぶりのものが置いて
    ありました。

    と、このねばねばのお話はここらへんにして
    本題のねばねばのこと。

    ・掃除を毎日せ「ねば」。
    ・ストレッチを欠かさずせ「ねば」。
    ・女とは美しくあら「ねば」。

    とまあ挙げればキリのない、こういう
    「ねば」。
    ないのも問題ではあるのだけど、ありすぎて
    もうねばねばがカラダ中まとわりついて
    えらいこっちゃ、な方も実は結構
    いらっしゃるんじゃないかと思うのです。

    食べ物のねばねばはカラダにプラスになって
    くれる栄養素を多く含んでますが、こっちの
    ねばねばは遅かれ早かれ自律神経をやっつけ
    ちゃいますよ?という要素を含んでいます。

    「でも掃除するのもちょっとした運動やし、
    ストレッチするのもカラダにいいし、
    きれいでいる努力が実れば気持ちも晴れやか
    になるし、何がアカンの??」
    というのも一見納得しそうになるのですが
    ねばねばじゃなくて「~たい」なら違って
    くるかなと思うのです。

    ちなみにベジタリアンの私は
    お肉は食べないようにせ「ねば」とか
    野菜を食べ「ねば」は一切なく、むしろ
    お肉は見るのもストレスだし、野菜を
    たべ「たい」のです。

    健康のためとはいえ、自分への強制項目が
    多くて過剰であればむしろどうやっても
    健康な方向へ進むことは難しくなると思う
    のです。

     
    実際こういうねばねばが多い方は生理関係の
    トラブルをはじめ、お肌の状態、胃腸関係、
    片頭痛から始まり、ねばねばMAXに
    なってくると耳鳴りやメニエール、
    自律神経失調症と本格的な不調が現れてきます。

    掃除やらへんほうがストレスたまる!

    というくらいねばねば度が高い方。
    よーく考えてみてください。
    掃除できないくらいカラダが悲鳴あげて
    埃のたまった部屋でずっと安静にしていない
    といけない状態が何週間も続く・・・

    こっちの方がストレスたまりません??

    選ぶのは誰でもないあなた自身。
    その恩恵または後始末を受けるのも
    あなた自身。

    これも自分で積み重ねてきた単なる
    洗脳の結果なだけ。
    また違う内容を洗脳するだけなんです。
    今度はもっと心とカラダが喜ぶような
    内容でね。

    ねばねばはほどほどに!
    Lycka till * カラダと心のこと * 17:10 * comments(0) * trackbacks(0)

    スポンサーサイト

    0
      スポンサードリンク * - * 17:10 * - * -

      コメント

      コメントする









      トラックバック

      このページの先頭へ