<< 巻き爪モニター様(T.H様◆ | main | 巻き爪モニター様(T.Y様  >>

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    スポンサードリンク * - * * - * -

    超期間限定!!

    0
       この間セラピストであり、ナースでも
      ある友人と久々に会ってきました
      彼女は現在他府県の個人経営の産婦人科の
      病棟で働いています。
      この産婦人科さんは「先生がいい、優しい
      と評判だそうで☆

      確かに身内であるスタッフから見ても、
      患者さんへの言動は穏やかで優しいのだそう。
      うんうん、それはよかったねえ〜





      でもそれだけが妊娠出産という命がけの
      大仕事を決行するにあたっての一番の
      判断基準でよいのかしら?

      というのもですね。

      この病院では「いまだ」よっぽどのことが
      ない限り(先生の到着が間に合わなかった
      など)ほぼ毎回会陰切開が当たりまえ。


      出産のお祝いには先生チョイスの生クリーム
      たっぷり♪ホールケーキ。



      ほんとにこの産婦人科で産んでいいんですか?
      というような奇行多発だというのです。

      と、その前に。
      「え、何がそんなに問題なん?」という方。

      特に妊娠出産経験がおありの方や妊娠を望んで
      いらっしゃる方はぜひ!!!!
      何が問題なのか知ってください。

      知った上でどう解釈するか、OKなのか問題
      なのか判断するのは個人の自由だと思っています。

      でもね、知らないでいることは罪にもなりうる・・・

      まず会陰切開。

      「分娩時に会陰裂傷を予防する目的に
      会陰部に切開を加える分娩介助方法の一つ。」
      会陰、とは膣の入り口と肛門との間のこと。
      ここを切ることによって赤ちゃんの頭が
      でてきやすくなるということなのですが、
      助産師さんはこの処置ができないんですね。
      医療行為になるから。
      ということは助産院で出産される方は
      会陰切開せずに出産しているということ。
      もちろん産婦人科で出産されても切開して
      いない方もいらっしゃいます。
      つまり「必ず」しなければならない処置
      ではないということ。
      産後アロマでも切開された方は少なくとも
      産後3日くらいまでひーひーおっしゃってる
      ことが多いです…
      で、せずに出産した方で前回は切開した
      場合だと「今回の楽さは全然違う!」と
      おっしゃいます。

      赤ちゃんの心音が弱くなってきているなど、
      必要なときにはそれはされるべき処置です。
      当たり前ですが。

      妊娠中にできること、いっぱいあるん
      ですよね。
      会陰マッサージもそのひとつ。
      マザークラスで指導がある産科もあるかと
      思いますが、実際妊娠中にちゃんとされて
      いた方のお話伺うとやっぱりやっていると
      違うとのこと。他にももちろん要因はある
      でしょうが切開なしの安産だったそう。

      物質的な準備はご本人でなくてもできます☆
      でもこういった心や体の準備は母となる
      ご本人でないとできないんです。

      あなたなら必要ないのにカラダにメス、
      いれますか?
      いれることを簡単に許しますか?


      「だって先生が言うたから・・・」

      でもあなたの体ですよ?
      妊娠出産に限らず、ドクターがあなたのことを
      知りうる時間はごくわずか。
      しかも数値に出ないとわからないことだらけ。
      あなたの生活スタイルも考え方も食事内容も
      何一つ、まともに知りうることはないのです。

      そんな相手の言うこと、何も考えずに
      丸のみしてほんとにいいんですか???

      自分ひとりのときならまだしも、
      二人分の人生がかかっているというのに?

      結婚式にこだわるなら、ぜひ妊娠出産にも
      それなりにこだわってみてはどうでしょう?
      結婚はテイク2も3もアリですが
      妊娠出産は毎回がオンリー1なんです

      不必要にこだわりを強くする必要は
      ありません。
      企業のビジネス色が強い育児雑誌ばかり
      じゃなく、ハードカバーの育児書にも色々
      目を通してみたり、先生の言うことを丸のみ
      しないでちょっとでも「ん?」と思ったことは
      自分で調べてみる。

      それだけで本当の意味の女度かなり上がります!

      なぜ妊娠が奇跡の確立といわれ、妊娠期間が
      10か月という長期にわたっているのか。

      それは母となる人が気づき、学び、変化を
      遂げるために必要な要素だからではないかと思います。

      人生の中でもまれにしか遭遇できない、
      「超期間限定スペシャル講座」みたいなもんです
      Don't miss it!!!

      ホールケーキ問題については次回へ続く☆




      Lycka till * 産婦人科アロマ * 11:50 * comments(0) * trackbacks(0)

      スポンサーサイト

      0
        スポンサードリンク * - * 11:50 * - * -

        コメント

        コメントする









        トラックバック

        このページの先頭へ