<< こどもアロマ講座@観峰館 | main | ステップアップのとき。 >>

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    スポンサードリンク * - * * - * -

    リフレッシュ講座@子育て支援センター

    0
      今年度も甲南子育て支援センターさんで
      リフレッシュ講座を合計4回させて頂く
      ことになりました
      キラキラ
      うち一回は過去同様、定員多めの回と
      なっています♪

      さて本年度第1回目は月齢の小さい
      お子さんのママさんたちばかりでした。
      お子さんたちも1時間半の講座の間、
      泣き声ひとつせずおりこうさんに
      過ごしてくれていました
      手

      月齢が小さいというこもあり、抱っこが
      多くて腕や手が疲れてます…という声が
      あったので、メインは恒例の背中だった
      のですが少しだけ腕の方も。

      今年はいつもよりマッサージの手技以外の
      こともお伝えしていけたらと思っているの
      ですが、その中の一つである、
      「触れられることで自分自身(心とカラダ)
      を知る。対話する。」
      ということ。

      すでに今日それを感じて頂けた方が
      いらっしゃって嬉しくなりました。

      「思っていたより疲れてる」

      これを知ったところで疲れがとれる
      わけでもないし、気持ちが楽になる
      わけでもありません
      Docomo_kao18(残念ながらショボン

      でもそれを知ることによって対策が
      変わります
      ひらめき
      対策が変わるということは自分自身を
      見つめている証拠。
      これは「やっぱり疲れてる」と感じた
      ときも同じですね。
      「やっぱり」ということは日ごろから
      自分のことに向き合えているから
      出る言葉です。

      そして自分の状態をわかっていると
      万が一無理が祟って本当に体調を
      崩してしまったり、病院のお世話に
      なることになってしまったときに
      出る言葉も変わるはず。
      「やっぱり…」ならまだ大丈夫。

      でも「なんで私が…」だとちょっと
      色々大変になるかも
      アセアセ

      まず心(というか実際は「頭」だけ
      が知らないだけで心とカラダは
      十二分に知ってることです)が
      ついていかない。
      納得いかないから治癒にも支障が
      でてくる。
      余計に「なんで私が…」となる…
      Docomo_kao20

      病は気からといいますが、不調と
      分かって
      「やっぱり…私頑張り過ぎてたんやなあ。
      カラダも心もしんどかったよなあ。
      ごめんね。ありがとうね。」
      ということができれば、治癒が早まり
      そうな気がしません???

      さて今日ご参加頂いた3名の方のうち
      お一人はフェイシャルや背中の
      マッサージの経験者!
      さすが最初から手つきがとっても
      手馴れていらっしゃいました
      き
      あとの3名の方も終わる頃には
      とってもスムーズな手つきに
      手
      きっと素敵なホームセラピストさん
      としてご家族をサポートされる
      ことと思います♪

      次回のリフレッシュ講座は
      7月になります。
      甲賀市の広報でお知らせが
      あがることになるかと思います
      のでご興味のある方はぜひ
      チェックされてみてくださいね。

      今日ご参加頂いた方がた、
      支援センターのスタッフさん。
      ありがとうございました
      heart


       
      Lycka till * 講座 * 19:37 * comments(1) * trackbacks(0)

      スポンサーサイト

      0
        スポンサードリンク * - * 19:37 * - * -

        コメント

        すいません、違う記事にコメントしてしまいましたf(^_^;
        Comment by トミダ @ 2014/04/25 7:01 PM
        コメントする









        トラックバック

        このページの先頭へ