<< 女子力UP♪の5回講座のお知らせ☆ | main | MKcreation アロマ講座・第2弾! >>

くっつき虫ちゃんたち。

0
    ♥6月・7月のイベント&講座のお知らせはコチラ
    ♥女子力UP♪の5回講座のお知らせはコチラ



    いつも思うことのひとつに同じ期間
    入院されているお母さんたちの興味や
    環境に共通点が多いというお話を
    過去に書きましたが(多分Docomo_kao8)、先日
    「やっぱり!」と思うことがありまして。

    その日は6人中5人がお二人目出産と
    いうお母さんで、上のお子さんもだいたい
    同じくらい、2歳半から3歳くらい。

    今までに赤ちゃん返りがしっかり出ている
    お兄ちゃんがママから片時も離れず
    Dosomo_kao9
    アロマの時間にも一緒に、ということが
    何度かありました。

    私の方はちびちゃん同伴であっても
    特に困ることはないので、その方が
    お母さんが少しでもリラックスできるなら
    むしろ一緒にどうぞ〜とお伝えするのですが
    たいていちびちゃんたちの方も
    「ママと一緒にいられる!」というだけで
    かなりおりこうさんにお部屋の片隅の椅子に
    座って待っていてくれます。

    先日はなんとこういうくっつき虫ちゃんが
    6名のお母さん中、3人も!!

    イマドキのコらしく、病院のiPadを抱えて
    大人しく椅子の上で遊んでいるくっつき虫ちゃん。

    椅子に座ってたら、音楽と香りと部屋の暗さと、
    何より大好きなお母さんもベッドでうとうと
    してることにシンクロしたのか、自分も
    眠くなってきて…でもそしたら知らない場所
    だから急に悲しくというかさびしくなって
    きちゃった…というとってもかわいい
    くっつき虫ちゃん。
    (結局施術が終わるのを待たずに,
    病室に来られていたおばあちゃんの
    とこに行く〜とママを放って行っちゃい
    ました
    Docomo_kao8

    そして3人目は、「なんだかんだ言って
    ちょいと大げさに騒いでみてるよね?」と
    言いたくなるようなちょっとおませな
    くっつき虫ちゃん
    葉っぱ

    上のお子さんにとっても何かと試練の多い
    時期ですが、お母さんにとっても
    「お兄ちゃん/お姉ちゃん」
    という存在のお子さんを扱うのはこれが初めて。
    だから涙したり、悩まれたりします。
    上のお子さんのことでカウンセリング中に
    涙される方は結構多いのですが、私はいつも
    「素敵な涙やなあ」
    と思うのです。

    それだけ向き合ってらっしゃるということ。
    しかも涙が出るというのは自分自身で
    諸々を浄化する力もあるということ。

    「ママと一緒にねんねする〜Docomo_kao18」と大泣き・
    大騒ぎしておばあちゃんたちと帰宅するのを
    嫌がるくっつき虫ちゃんたち。

    なんだかんだいってあと十数年もすれば
    「彼氏とお泊りしたい♪」とか
    「彼女と泊りで旅行いってくる」とか
    言うようになるんですよ〜

    そう思うとやっぱりくっつき虫ちゃんのこと
    で涙し、悩むお母さんは素敵だなあと改めて
    思うのでした☆


     
    Lycka till * 産婦人科アロマ * 09:00 * comments(0) * trackbacks(0)

    スポンサーサイト

    0
      スポンサードリンク * - * 09:00 * - * -

      コメント

      コメントする









      トラックバック

      このページの先頭へ