<< 直観・直感力 | main | アロマ講座@Cheers Stationさん >>

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    スポンサードリンク * - * * - * -

    来週のアロマ講座&イベントのお知らせ☆

    0
      来週に迫ったアロマ講座とイベントのお知らせです☆

      まずは
      6月12日(木)のアロマみつろうクリーム講座。
       【場所】well be内 
          Cheers Stationレンタルスペース
      【時間】10:30〜12:00
      【定員】10名様 残席あり!!
      【料金】2,000円 
       (30㎖分のみつろうクリーム材料費&講座代)

      このみつろうクリーム、使った方&作った方から
      かなりの高評価
      キラキラを頂いている、知らなきゃ損損!
      のクリームなのです。
      何かそんなにいいかって??

      ・香りがいい
      (自分の好きな精油を使って作れます)

      ・顔用にも作れる
      (用途に応じて精油をブレンドできます)

      ・肌がもっちり・しっとりする
      (ナイトクリームにオススメ!)

      ・あせものかゆみやざらざらに使える
      (これからの季節に!)

      ・乾燥によるかゆみがおちつく
      (冬場に重宝します)


      などなど☆

      つまり。

      香り成分の精油のチョイスを変えると
      使う人、使う部位、目的に応じた
      万能クリームができる。
      しかも香りが合成でなく脳に働きかけるので
      リラックス効果大!
      内側からも美肌になれる!

      というクリームなのですね
      矢印上

      容器はかわいいブルーのガラス製遮光瓶。
      たっぷり使える30㎖分作って頂きます。



      ちなみに個別にクラフト講座は随時開講して
      おりますが
      その場合みつろうクリームの材料費は
      20㎖1,100円、30㎖1,550円となり、
      プチ講座費が1,000円となりますので
      合計20㎖2,200円、30㎖2,550円となります。
      550円もお得な講座となっています!

      お申込み&お問い合わせはコチラ↓
      lycka-till☆hotmail.com
      (☆を@に変えて送信ください)
      080−1470−6125
      ※施術中で出られないことがありますので
      お名前を留守電に入れて頂ければ折り返し
      お電話させて頂きます。


      そしてもうひとつは新聞の折り込みにも
      入っていたのでご覧になった方もいらっしゃる
      かと思いますが
      6月15日(日)乳の日まつり 
      アロマ石けんWS

      【場所】成田牧場
      【時間】10:00〜
      【料金】
      ●アロマ石けん1個(約40g)500円
      ●アロマバスボム2個(1個約40g)500円


      どちらも年中さんくらいからできる、
      簡単に作れるものです。
      精油やハーブを使って自然の優しい香り&
      色のものが作れます
      キラキラ
      こどもはもちろんオトナも楽しく作って
      頂けるWSです♪



      ↑こんな石けんが作れます。
      色はハーブやハーブパウダーによって変わります。
      ちなみに白いのはラベンダー、
      四角いのはマリーゴールドとオレンジピール、
      ハートはローズマリー。



      こんなハーブ&ハーブパウダーを石けんにもバスボムにも
      使います。

      バスボムはシュワシュワとなる入浴剤ひらめき
      ご家庭にあるもので簡単に作れるので
      夏休みの自由研究に再チャレンジされるのも
      いいかもですね♪
      重曹を使うのでお掃除効果やお肌すべすべ効果も♪

      当日会場でお待ちしていますheart
      Lycka till * お知らせ☆ * 17:19 * comments(0) * trackbacks(0)

      スポンサーサイト

      0
        スポンサードリンク * - * 17:19 * - * -

        コメント

        コメントする









        トラックバック

        このページの先頭へ