<< 正しい「頭」の使い方。 | main | リフレッシュ講座@子育て支援センター >>

誕生学@近江学園

0
    7月5日(土)&7月15日(火)
    オシャレなカフェで英会話♪@Upper Secret

    ♥7月19日(土)女子力UP♪講座

    「大人女子のためのアロマロールオンWS」


    先日湖南市にある、近江学園さんで
    誕生学をさせて頂く機会がありましたキラキラ

    県の施設でさせて頂けたのは本当に
    うれしいし、まだまだ関西や滋賀では
    認知度の低い誕生学が広まるきっかけに
    なってくれたらと期待しています。

    タイミングというものの力をいつも
    感じているし、信じているのですが、
    まさしく今回はその力が働いてくれた
    といわんばかりに、とんとん拍子に
    話が進んだのでした。
    もちろんその陰には施設の子供たちへの
    深く熱い想いのある学園で働いている
    親友の働きかけがあり、本当に感謝です
    き

    今回は初めてのことというので、まずは
    女子だけに聞いてもらって様子をみようと
    いうことになりました。

    参加してくれたのは小3〜高校生までの
    女の子10人
    ハート
    そして職員さん、なんと15名!
    誕生学への興味と期待が伺えます☆

    誕生学のお話とビデオのトータル45分の間、
    私は子供たちの顔しか見てなかったのですが
    みんなまっすぐに私やビデオに視線を
    向けてくれ、そして終わった時に職員さんの
    方を見ると、ハンカチで目を押さえている
    方もいらっしゃいました。

    実をいうと、何回も見てるビデオだし、何回も
    言っているフレーズなのに、ナゼカ毎回自分が
    うるうる来てしまって
    Docomo_kao8この日も最後は
    自分自身が涙をこらえるのに必死だったくらい
    アセアセ
    なんせ誕生学アドバイザーの修了試験で
    感極まって泣いたオンナですから
    Dosomo_kao9

    でもね、それくらい言葉の力とこの誕生学
    プログラムに込められた想いがすごい
    き
    ってことなんです。

    言葉の力が強いだけに、使い方って大事です。
    終わってから何人かの女の子たちに
    「難しかった?」と聞くと
    「ううん。子宮っていう言葉は知ってた」
    とのこと。

    でもきっとその学校で習った、という
    「子宮」という『単語』にはなんの魂も
    こもってないんだろうなと感じました。

    単なる言葉に過ぎない。

    子を宿すということに使おうと使わまいが、
    摘出しようがしまいが、
    『私の体には「子宮」があるんだ!』と思うと
    なんだかあったかい気持ちになれるような
    言葉としてのインプットができると、色々な
    性にまつわるトラブルは回避できるんだろうなあ。


    お忙しい中、書いて頂いた職員さんからの
    感想には日ごろからの子供たちへの愛が
    いっぱいで読ませて頂きながらまた目頭が
    熱くなってしまいました。

    「ビデオや小道具などがあってわかり
     やすかった」

    という声が多く、

    「子供達に語りかけるやさしい口調で、
    我々もこの様に性について語り合えたら
    いいのだと思いました」

    「性の話をする時に構えてしまうのではなく
    大事な命の話をしているんだという姿勢が
    大事なのだろうと思いました」

    という感想もありました。

    産みの母より育ての母という言葉が
    ありますが、血縁のつながりはもちろん
    奇跡的な確立での出会いであり、
    かけがえのないものではあるけれど
    それゆえの悲しみも起こりやすい…

    池川明産婦人科医の胎内記憶の本に
    書かれていますが血縁というつながりだけ
    でなく、養子という形でお母さんに会いに
    来る子もいるといいます。

    そう思うと「自分が産んだ子」だけが
    「自分の子」ではないかもしれません。
    何しかしらの形で関わる子供というのは、
    何かしらの形であなたに会うために
    生まれてきたのかもしれません。
    そう思うとどんな子にだって、自分が
    してあげられることがあるのだと思うし、
    自分の子さえよければという発想は
    なくなるのかも。

    出会いは必然。

    反面教師として選ばれた出会いもアリですが、
    できれば子供たちには「愛」や「信頼」を
    学ぶきっかけとなる出会いを提供できる
    大人でありたいし、そういう大人ばかりで
    あってほしいと強く思います…

    近江学園で出会ったかわいいみんなの
    未来が愛であふれるものとなりますように
    ハート
    「うまれてきてくれて本当にありがとう」
    Lycka till * 誕生学 * 14:58 * comments(0) * trackbacks(0)

    スポンサーサイト

    0
      スポンサードリンク * - * 14:58 * - * -

      コメント

      コメントする









      トラックバック

      このページの先頭へ