<< イベントのお知らせ★ | main | なんでなんで? >>

自分がうまれた日に想うこと

0
    昨日は37回目の誕生日でございました(^^)
    8時半のネイルのお客さまに始まり、十一屋工務店さんの
    オープンハウスでアロマ体験コーナーをさせて頂き、
    姪っ子たちのダンスの発表会を見に行って…と
    あっという間に過ぎた一日でした。

    オープンハウスは土曜日の晴天とはうってかわっての
    肌寒い雨空でしたが多くの方がいらっしゃり、
    アロマ体験もして頂きました♪


    みなさん思い思いの色や形のバスボムや手ごね石けんを
    作られてたのですが、小4男子のこのステキな作品♪
    左上のはなんと球状になってるところに顔が!
    こどもの自由な発想はほんとにステキです!


    十一屋さんには色々お気遣い頂き、よい時間を過ごさせて頂きました!
    合間に見させてもらった新築のおうちは、昭和な家に住んでる私にはまさしく
    別世界!『いいですね〜』と何度言ったことか(^_^;)

    体験頂いた皆様、十一屋の皆様、ありがとうございました!

    この日は朝からたくさんの方から誕生日のお祝いの言葉を頂くことができ、
    歳を重ねる度に大事な人やご縁が増えることへの感謝でいっぱいです。
    そして歳を重ねることがむしろ自分の強みにさえできるような、そんな
    人間であり、女性でありたいと改めて思いました。

    さてここ数日、特にお風呂に入っているときなんですが、
    『今ごろ、産まれようとしてたんかなあ』とか
    『顎を引きながら、狭い産道を通ってたんかなあ』とか
    37年前の自分自身が生まれるプロセスを想像することがありまして。
    昨日は、自分の出生時間が15時ということもあり、夜お風呂に入りながら
    『お母さんは今頃疲れ果てて、でもホッとしてたんかなあ』とか
    『お父さんは初めての子供で嬉しかったやろうなあ』とか
    そんなことを思うと、純粋に『生まれてこられたこと』、
    『ここまで37年も!生きてこられたこと』への感謝で涙がでました。

    誕生学を伝えていながらも、やっぱり自分の誕生日が近くなると
    自然と、そしてより強く『産まれる』ことへの奇跡や感謝を
    感じられる気がします。

    『産んでもらってありがとう。育ててもらってありがとう。』
    だけじゃなく、
    『頑張って生まれてきた自分、やるやん!頑張ったやん!』
    そんな気持ちも感じました。
    むしろそれを感じられると、周りへの感謝が付随して感じやすく
    なるのかもしれません。

    自分で自分をほめることのパワーってやっぱりすごいですね。

    誕生学はなかなかうまく活動できてないのですが、
    自分の誕生月に聴く誕生学、それ以外のときに聴くよりも
    お子さんにとっても、そしてご家族にとってもより深く
    届く気がします。
    誕生月に聴く誕生学の案、練ってみます♪
    必要な方へ届けられますように。

    37年生きてきた自分にありがとう。
    37年生かせてもらってありがとう。
     
    Lycka till * 頭の中 * 18:30 * comments(0) * trackbacks(0)

    スポンサーサイト

    0
      スポンサードリンク * - * 18:30 * - * -

      コメント

      コメントする









      トラックバック

      このページの先頭へ