<< 肌に触れる心に触れる | main | セラピストにゴッドハンドは必要?? >>

「悪い」はほんとに「悪い」こと?

0
    月1での更新が恒例になりつつある、今日この頃です(^_^;)

    昨日は甲南子育て支援センターひだまりの家さんで
    今年3回目のリフレッシュ講座でした。
    年に1回はいつもの定員4名ではなく、10名という大枠で
    させて頂いています。
    昨日は諸事情により定員8名ということでお互いに膝までの
    アロマフットマッサージを体験して頂きました♪
    中には昔の同級生やすでに施術させて頂いたことがある方と、
    知ったお顔を見ることができてうれしかったです♥

    はじめは冷え冷えだった足も片足が終わるころにはだいぶ
    暖まってきている方が多かったように思います。
    起きてます??というくらい、リラックスオーラが漂う方も♪

    「すっかり子どものこと、忘れてしまってました(^_^;)」と
    言うお母さん。

    それでいいんですよ〜!!
    その一瞬があるから、「子どもに会いたい♥」という気持ちにも
    なるだろうし、自分に優しくできた分、周りにも優しくできるの
    ですからね♪

    体のこと、触れるということ、心の栄養のこと、足裏のサインのこと、
    色々お話させてもらいました。
    人によって、どのお話がひっかかるかは違います。その方に今
    必要なことが少しでも届いていたらいいなあと思いました。

    さて、タイトルの「悪い」のお話。

    肩コリがひどい
    片頭痛もち
    食べ過ぎる
    便秘がひどい
    かかとがガサガサ

    とまあ、いろいろな「悪い」ことを挙げる方が多いですし、
    体からのこういったサインを「肩が『お疲れ』ですね」と
    お伝えすると、
    「肩こりがひどい私の体は『悪い』」ととらえる方も多いです。

    う〜ん、これをやっちゃうととっても残念!なのですよね…

    体を自分の一部として見られてない証拠。
    別物と考えてしまうから、より良い変化が起こりにくい。

    あなたがすっごく努力して、しんどいのに弱音も吐かず
    頑張ってるのに

    『全然アカンな…』

    と言われたら?
    ねぎらいの一言、「ありがとう」の一言もなかったら?

    それでも「また頑張ろう」って思えるアナタはかなりの
    Mです(^_^;)

    体からしたら、まさにそんな状態。
    「あんたが私の気持ちも聞かずにがんばれって言うから
    無理してでも頑張ったのに、そんな言い方する?!」
    というボヤキが聞こえて来そうです…

    そうじゃなく。

    私、こんなに「悪く」なるまで頑張ってたんやなあ。
    えらい、えらい☆
    そりゃしんどくもなるよなあ。

    こんな風に思えればハナマルです(^^)
    今すぐに思えないという方、これは単に自分で自分の頭を
    洗脳したらよいだけなのですよ〜

    「私はまだまだアカン、もっと頑張らないと!」
    というのも単なるアナタ自身の洗脳でしかありませんから☆

    一人じゃ無理〜という方。
    ぜひぜひ私にお手伝いさせてくださいな(^^)

    未就園児のいらっしゃるお母さんなら子育て支援メニュー
    家ではリラックスできないという方には自宅サロンメニュー
    ご用意しています☆

    大事に思う方がいるなら、まずあなた自身も大事にしましょ♥
    それがあなたが大事に思う相手への思いやりです。
    Lycka till * 健康 * 11:42 * comments(0) * trackbacks(0)

    スポンサーサイト

    0
      スポンサードリンク * - * 11:42 * - * -

      コメント

      コメントする









      トラックバック

      このページの先頭へ