直観・直感力

0
    ♥6月・7月のイベント&講座のお知らせはコチラ
    ♥女子力UP♪の5回講座のお知らせはコチラ


    講座をさせて頂くというのは準備は
    なかなか大変だし、当日にならないと
    分からないこともいっぱいで、戦闘モード
    マックス!な感じであっという間に2時間が
    過ぎ、終わった後は心地いいといはいえ、
    結構燃え尽きちゃってる…というのが私の
    場合なのですが、準備はワクワクして楽しいし、
    私の話に人が耳を傾けてメモまでしてくれる
    というのはおしゃべり好きにはたまらん快感
    ちゅん
    だし、何より自分の勉強としては最高の機会
    なのですよね。

    先日のアロマ講座でも
    「直観を信じること」
    が分かりにくかった、という感想を頂きまして
    この声が聞けただけでも価値があった!と思う
    くらい、私にとっては大きな収穫でした
    キラキラ
    (わかりにくかったというままお帰りになった
    受講者の方には大変申し訳なく思っています…
    ショボン

    これは21種類の精油を体験して頂くときに
    「深く考えずにとにかく直感で好きか嫌いかに
    分けてみてくださいね」
    と言った部分のことなのですが、普段頭が
    ほぼ全ての支配権を握ってしまうと、この
    「直感」というのがなまってしまうのですよね…


    ちなみにwikipediaには

    「直観(Intuition)は直感と区別された用語である。
    一方で直感は、感覚的に物事を瞬時に感じとることであり、
    「勘で答える」のような日常会話での用語
    を指す。
    他方で、直観は五感的感覚も科学的推理も用いず直接に
    対象やその本質を捉える認識能力を指し、認識論上の
    用語として用いられる。
    第六感という表現は、ほぼ後者を指す


    今の場合ですと「直感」の方ですね。

    好きか嫌いか、それだけのことを瞬時に決める。

    これを難しいと感じる方はきっと「頭」が
    ごちゃごちゃアドバイス?をしてるからな
    気がします。
    「こっちは『好き』にしといた方が
     ウケがいいよ〜」
    「こんなに『嫌い』なものばっかりやと
    アカンのちゃう?」
    とか?

    そうなるとやっと主導権を握らせてもらった
    ハズの心はちょいと不安になってくる…
    Dosomo_kao9
    自分の選んだ好き・嫌いが
    「ほんまにこれでええんやろか
    クエスチョン」と
    揺らいでくる…
    Docomo_kao18

    あ〜もうわからん!

    となるんじゃないでしょうか…
    アセアセ

    私は直感で物事を決めることが多いので
    痛い目に遭うこともまあ多いのですが
    Docomo_kao8
    心が納得した決断だと痛い目もそこそこ
    いい感じに乗り切れるんですよね
    ひらめき
    それが頭だけが勝手に決めたことだと
    文句がでる。
    だって全然納得できてないままだから。

    「もっとこうしとけばよかった
    ぴのこ:)
    「もしあの時に戻れるなら
    Docomo_kao19
    「なんで私ばっかり…
    怒る
    「あの人はいいよな〜
    もやもや
    こういう言葉が出てくるのは納得
    出来てないときに多いのでは??

    私が使う
    「心の声が反映されてるかどうか」の
    判断基準は
    「なんかわからんけど」
    という言葉。

    なんじゃそりゃ?な、感じですが
    これね〜本当に的を得てると思います。

    「何かわからんけど楽しい。
    何かわからんけど辛い。
    何かわからんけど好き!」

    というこの3つの文と下を比べてみましょう。

    「大好きな友達と一緒だったから楽しい。
    仕事が全然うまくいかなくて辛い。
    気が合うし、かっこいいし、好き!」

    同じようなことちゃうの?と思われるかも
    しれませんが上は心、下は頭の声を大きく
    反映してると思いませんか?

    明確な理由があるのは頭がちゃんと(理論的に)
    考えてるから。
    理由がないのは心がちゃんと感じてるから。
    感情を言葉に明確に表すのって難しいですよね。
    ショックなことやすごくうれしいことに対して
    「言葉にならない・できない」っていう表現を
    するほど。

    頭の独裁主義からなかなか抜け出せないあなた。
    まずは
    「なんかわからんけど」という感情を探して
    みませんか?
    そういう感情は大事にして絶対に損はないです。

    「私って本当はどんな人?」というのを
    知るときにも
    「なんかわからんけど楽しいって思うときって
    どういう条件の時かなあ?」
    っていうのを考える(ここは頭に働いて
    もらって)と自分の心が求める純粋な幸せの
    条件がみつかります。

    「ラベンダーはリラックスにいいっていうから
    いい匂いな気がする」→頭の声。
    「この香り、なんかわからんけど深呼吸
    したくなる!」→心とカラダの声。

    すぐにはできなくても大丈夫。
    仕事だって、趣味だって初めからすぐに
    できたことなんてあります???
    練習すればちゃんと心力、つきます!

    「なんかわからんけど」、お試しください♪



     
    Lycka till * 頭の中 * 09:51 * comments(0) * trackbacks(0)

    完璧なお母さん&完璧な人になる方法。

    0
      タイトルにある「完璧なお母さん」「完璧な人」
      を目指す方、結構いらっしゃいまして、
      「私、○○なところがアカンなあって思って
      直したいんですけどなかなか・・・」というような
      お話を伺うことがこれまた結構あります。

      一言で「完璧」と言っても定義は人それぞれ。
      ある人からしたら完璧でも別の人からすると
      完璧には程遠い、なんてもこともありますよね。

      自分が目指す、「完璧」にって、到達できるの
      かしら・・・?

      結論からいうと、できないんじゃないかと
      思います。
      こんな序盤で早々と「できない」と言ってしまっちゃい
      ましたがDocomo_kao8


      人間、欲の塊といいますが、きっとある「完璧」
      に到達してもきっとまたその上の「完璧」を
      目指してしまうから。
      ちょっとスピリチュアルなことをいうと、
      この世は修行の場らしいので、本当に完璧なら
      修行終了!となってるハズ。

      いつも私が思うのはご自身のいわゆるマイナス
      ポイントを口に出して人に話せるという時点で
      かなりレベルの高いことだということ。

      だってなかなか自分の悪いところを認められないし、
      人に話すなんてなおさら難しい。

      自分の弱さを知り、認められることこそが
      本当の強さであり、その方の魅力にすらつながると
      思うのです。

      この「認める」はかなりポイント高いです☆
      そして難易度も高い☆

      「私はなんでもはっきり言い過ぎて、人に
      嫌な顔をされてしまう」
      なんてことをマイナスポイントと思ってる場合。

      それを自覚しているだけでも素晴らしい。

      ただそのあとに「だから私はアカンのだ・・・」
      だとちょっと惜しい!

      代わりに「だから言い過ぎないようにちょっと気を
      つけてみよ☆」とか
      「気をつけなアカンけど、そこが好きと言ってくれる
      人もいるから、いいところでもあるかな」
      なんて「認められる」ともう満点に近いんじゃないかと。

      マイナスポイントもまぎれもなく自分の一部。
      そこなくしては完全体の自分にはなれません。

      そんな私でも私は私。
      そんな私だから私。

      一旦そんな風に自分を自分で認めて、受け入れることが
      できると、「自然と」マイナスポイントに向き合って
      よりよく変化させることができる気がします。

      いわゆる、褒めて伸ばす、のセルフバージョン、と
      いったところでしょうか。

      「私はここが全然アカン!」
      「こういうとこがアカンからうまくいかへんのや!」
      そんな、気持ちが下がりっぱなしになるような
      セルフ罵声、聞きたい人はよっぽどのMですよ。

      そしてそんな悪いとこ探し&セルフ罵声が続く間は
      きっと努力の甲斐もなく、マイナスポイントの
      更生は難しいんじゃないかと。

      世界的に有名で有能で人にうらやましがられる
      能力や才能を持っている人も、その反面、
      どこかがえらく欠落していたりってよくある
      じゃないですか。
      いいところがすごいから、マイナスポイントが
      カバーされてる。
      マイナスポイントすら、その人の個性として
      プラスポイントになっている。

      昔「セラピストは菩薩のような心でいないと」と
      いうセラピストさんとお会いしましたが、
      すごく違和感を感じました。
      人をねたんだっていいのよ〜
      ダラダラ過ごす日があってもいいのよ〜
      ダメダメな部分があっていいのよ〜

      だってあなたはそればっかりじゃないでしょ?

      完璧になるために心もカラダもがんじがらめ、
      自分が嫌いになってしまいそうな勢いの人は
      むしろ完璧から程遠いところにいてしまうのかも
      しれません。

       
      Lycka till * 頭の中 * 19:21 * comments(0) * trackbacks(0)

      大人のための自己肯定感

      0
        何年ぶりかに大事な親友とおしゃべり。
        最後に会ったのはかれこれ7年ほど前。
        しかもたいしてメールやチャットの
        やりとりもしていないという、「親友」
        と呼んでいいのか?!な関係の私たち
        なのですが、量より質とはこのこと!と
        毎回思うんですよね。
        どれだけ離れていても、交流の頻度が
        少なくても、話す度に深く理解しあえる
        相手なのです。

        そんな親友との会話の中でシェアしたい
        と思う内容が2つあったのでご紹介
        しますね。

        一つは「自分を映す鏡」の話。

        類は友を呼ぶともいえるのですが、
        自分にとって大事な存在である人
        というのはよくも悪くもその時の
        自分自身を映してくれる人。
        しかも大事な存在なので見たくない
        部分があるからとすぐにはポイっと
        捨てられない☆
        だから学びが多くなる。
        そんな話。

        思わず頭抱えてしまいました…

        旦那さんに対して、ま〜舌もかまずに
        上手に文句が出てくる私なのですが
        アセアセ
        深くその文句を掘り下げてみると
        結局自分自身に通じる内容なの
        ですよね…
        Docomo_kao20

        常に全ては必要なレッスンとは思って
        ましたが、やはり彼は現時点での
        最大のレッスンなようです…
        もやもや

        ここにも通じるのですが、もう一つは
        「自己肯定感」の話。

        誕生学でもこれを大事にしているのですが
        大人になってからも、自分自身
        自己肯定をすることはとっても大事。

        何か他の物や人によって自分の価値を
        決められてしまうと、評価が高いときは
        いいですが、低くなったときには
        おのずと自己肯定感も低くなります。
        つまり他者にコントロール(または
        「振り回される」)されてしまうんです
        よね。

        自分を客観的に考えたときに、
        自分に対して

        「こんな人と友達になりたい
        キラキラ」とか
        「こんな人と付き合いたい
        ハート」とか
        「こんなところが素敵
        手」とか
        そんなことを思えるようになると
        「自分」という世界の中に
        揺らがない幸せや安定ができるので
        外の世界からのジャッジに振り回される
        ことが少なくなります。

        今までは
        「人が言うてくれへんのなら
        自分で自分をほめてあげな、
        自分がかわいそうやん?」
        と思ってたのですが、そうじゃない。

        自分が自分をほめることにこそ
        一番価値がある。

        そりゃあ大事な人や多くの人に
        評価されたら純粋にうれしいですよ。
        でもそれ以前に自分の中にちゃんと
        自己肯定感を確立させておかないと、
        というお話。

        そうでないと何かうまくいかなく
        なることがあれば、それが引き金と
        なって元々固まっていない「自分」
        という土台はぐだぐだになって
        しまいます。

        前にも書いたかもしれませんが
        今まで私は
        「人に何かしてもらうより、
        自分がしてあげるほうが好き」
        と自己分析していました。

        だから付き合う人はなんでも
        かんでも私にしてくれる人ではなく、
        私が何かしてあげることのほうが多い
        相手になることも当然のことだと
        思ってたのです。

        でもそうじゃなかった。

        私自身がそう自分を見積もることに
        よって周りに
        「私はプリンセスのように扱わな
        くてもいい女なのよ〜
        むしろ私の方が色々お世話させて
        頂きますわよ〜
        高いプレゼントもいりませんわよ〜」
        てな無言のメッセージを発信して
        たから、そのメッセージを受け取った
        人(メッセージの内容の条件を
        良しとする人)が近寄ってくる。

        私はプリンセスのようには扱われない。

        「ほらね、やっぱり。だって私は
        そう扱われるより、相手に尽くしたい
        んだもの〜」
        という勘違いが起こる。

        私、なんて
        お・ば・か!!!

        これが
        「私はプリンセスのように扱われる
        価値がある女です!
        大事にできないなら寄ってこないで
        頂けます?」
        というメッセージを発信してたら。

        これも私の好きなイメトレですね。

        「なりたい自分をイメージする。」

        ただイメージするだけ、なんですけど
        ブレないイメージをいつでもどこでも
        パッと脳裏に思う浮かべられるように
        なるには結構真剣にイメトレする
        必要あり。

        でも「なかなか私ええやん?
        き」的な
        自分になれたら、それを鏡にするような
        「なかなかええやん
        ちゅん」な彼だったり、
        友人だったりが集まってくる、ちゅうこと
        なんですよね!!

        幸せは外に求めるんじゃなくて、自分の
        内に求める。
        灯台下暗し、ですね。

         
        Lycka till * 頭の中 * 22:23 * comments(0) * trackbacks(0)

        「幸せ」の基準。

        0
          今日は長野に住んでいる大事な友人が
          滋賀に来てくれて、久々にゆっくり
          会うことができました。

          前にブログにも登場しているこの友人は
          もうすぐ2歳になるちびちゃんの障害が
          去年分かったばかりで、そのショックで
          彼女は心身ともにかなり消耗し
          半強制的に入院までしていたのです。

          私には想像しかできませんが、彼女の
          辛さは相当だったと思います。
          それでもかなり回復し、いろんなことを

          前向きにとらえられるようになって
          きてるようで、元気になっている彼女
          に会えてホッと一安心。

          彼女からすれば、同じ年頃の子供が
          「当たり前」のように歩き、走り、
          言葉を発している様は時に彼女の
          元気になりつつある心をえぐります。

          でも実際そういう「元気」な子供を
          持つお母さんからは
          「元気すぎて大変。いうことも聞かないし」
          という愚痴がこぼれる。

          今日彼女と色んな話をいっぱいして、
          最後には
          「みんなそれぞれ何かしら抱えてるんよね」
          という結論?に至りました。

          隣の芝生は青い、というより、他の人には
          自分が抱えている問題がない分、
          「より良く見える」
          というだけで自分が気にしていない部分や
          幸せを感じている部分に関しては
          もしかするとほかの人は不幸せを感じている
          かもしれないということにはなかなか目が
          行きません。

          総じて見れば(現状でのいい面・悪い面
          だけでなく人生全体としても)結局、
          ずっといい状態の人もいないし、悪い
          状態の人もいないという、プラスと
          マイナスの法則がちゃんと働いている
          はずなのに顕微鏡レベルの視野で見て
          しまうからあーだこーだ言ってしまうのかな。

          実際、彼女には子供の発育・発達と
          いう大きな問題があるにせよ、彼女の
          ダンナさんの愛と器、子供から受ける幸せ感、
          義理のご両親との素敵な関係などなど、
          「ええなあ・・・」と思う部分は多いのですよ。

          その時の自分に合った(もしくは必要な)、
          課題が常に与えられる。

          そう思うとなんだか腑に落ちる気がします。

          その課題もご縁の一つですよね。


          ご縁といえば、この彼女は大学の入学式で
          たまたま隣に座っただけという、学科も違えば
          同じ授業をとったこともないという、
          本当にスーパーご縁のおかげ!な友人なのです。

          自分が幸せと感じることにもっと焦点を
          合わせること。
          それがもっと幸せになれる秘訣。

          今日の彼女との5時間トークで得たことです☆

           
          Lycka till * 頭の中 * 23:08 * comments(0) * trackbacks(0)

          与えられたものの使い方。

          0
            あけましておめでとうございますキラキラ
            今年も多くの方とよいエネルギー交換
            をさせて頂けるよう、自分自身の心と
            カラダのエネルギー状態も大事に
            したいと思っています。
            また去年まで「また今度
            Docomo88」と脇に
            のけてばかりになっていたことに
            ちゃんと手をつけていくことが今年の
            課題。

            ということで早速ネイルのお客様の
            施術後の写真をとることから始めて
            みました
            ひらめき

            スウェーデンでのネイルはナチュラルが
            主体だったので、あえてとるほどでも
            なかったのですが、帰国してからかれこれ
            8年近く。
            よっぽど凝った注文を頂いた時以外は
            写真を撮ったことのない私…
            プライベートでも写真に限らず、過去を
            残すということに全くもって執着がなくて
            写真を撮ることをすぐに忘れてしまうのです
            よ…(それはこのブログの画像の少なさが
            証明してますよね
            Dosomo_kao9

            HPをひそかに作り進めているのですが、
            HPの方にネイルの画像はUPしていく
            予定です。

            せっかくなので今年に入って撮ったネイルの
            画像を♪




            こういう感じのデザインをさせて頂くことが
            多いですが、中にはキャラものやかなり個性的な
            デザインさせて頂くことがあります。

            実は去年秋ごろに思い立ってスカイプで手相を
            見てもらったのですが、まあどんぴしゃ。
            (この占い師さん、おすすめです〜♪興味のある方は直接メールくださいね)
            いつものことですが、占星術やタロットや
            その他もろもろで過去に占いで言われていることは
            すべていつもつじつまが合うのです。
            見てもらう対象が私・私の人生なので、
            つじつま合わないのは困りますがね
            Docomo_kao8

            で、その時に言われたのが
            「特に芸術性があるわけではないし、
            事務職のような単調な仕事が向いている
            わけでもない。
            つまり、どちらもそこそこふつうにできる。」
            という、ネイリストとしてはどうよ?というコメント。

            でも私的にはすごく納得のコメントだったんですねえ。

            私自身にアーティスト性が強くないからこそ、
            個性的な注文にもこたえられるし、オフィス用の
            シンプルネイルも対応できる。
            これが反対に私の売りかなと。

            しかもですね、なんと私、
            「覇王線」
            があるのですよ!

            その名のごとく、最強の手相らしいです
            き

            でも意外とこれがある人は多く、特に
            すごいきらびやかな人生を送るわけでもなく
            普通のサラリーマンで終わるというパターン
            も多いとか。

            この線があること、この線の力を意識して
            頑張ることが大事と言われました。

            なんでもそうですよね。

            手相だけじゃなくて、人生そのものが
            生かすも殺すも自分次第。

            「アーティスト性が強くないネイリスト」を
            マイナスとするか、
            「あなたの個性に合わせて対応する、
            接客大好き、アロマセラピストなんかも
            やってますよネイリスト
            ハート
            と改名?してプラスにしてしまうか。

            私が好きに決めてええんやあ♪

            ということでどんなことをさせて
            頂いているかを知って頂く第一歩として
            写真をとる、というかなり初歩的な
            アセアセ
            今じゃどのネイリストもやってることに
            や〜っと手をつけたというわけです
            Docomo_kao8

            8年目ですけど、やらんよりましです!

            とまあこんな感じで今年は自分で自分の
            心もカラダも人生も!いいように解釈して
            大事にしつつ楽しんでいきたいと思って
            おります。


            今年もどうぞよろしくお願いいたします。
             
            Lycka till * 頭の中 * 16:11 * comments(0) * trackbacks(0)

            肩の荷が重いとき。

            0

              「肩の荷」という表現がありますが、
              その「荷物」について。

              「荷物」という言葉が持つイメージは
              どちらかというとマイナスのことが多い
              かと思います。
              つまりできたら運びたくないものという
              ことですね。

              それでも人生、生きていればイヤでも
              荷物を運ぶことになります…
              Docomo88

              ただ、その荷物を運ぶときに注意する
              ことがいくつかあること、ご存じでした?

              一つ目は、その荷物が本当に自分の荷物か
              どうか確認すること。

              空港なんかでも近くに同じようなスーツケース
              が置いてて間違った、とかあるじゃないですか。
              人の荷物を間違って運ぼうとしてません?
              間違わず、あえて運ぶ場合もNG。
              それは当人意外が運んでも意味がないのです。
              たまにいらっしゃいますね…
              周りの人の荷物を手一杯、自ら運ぼうとして
              その重さに半分潰れかけている人…
              アセアセ

              注意事項その◆
              自分が運ぶ荷物が「何名用」のものなのか
              確認すること。

              自分のものだと勘違いしがちですが、常に
              一人用の荷物とは限りません。
              二人用のを一人で運ぼうとしたら、そら
              重すぎますがな〜
              Docomo_kao18
              道中、へたってしまって当然。
              というより、運ぶ前からテンションも
              上りません。

              二人用、三人用と書いてる場合は、
              パートナー、家族、友人、同僚などなど
              あなたと心がつながっている人と一緒に
              運ぶためのもの。
              だから「こんな思い荷物、私には無理」
              とへこまなくていいんです。

              大きな数人用の荷物をもらう人は
              それだけ周りに愛でつながる人が多い人、
              ともいえるかも
              heart

              「抱えてるものが重すぎて…Docomo_kao19」と
              いう方。
              一度荷物チェックされてみてはいかが
              でしょう?

               

              Lycka till * 頭の中 * 20:32 * comments(0) * trackbacks(0)

              類は友を呼ぶということ。

              0
                先日、かなりショックなことがありまして
                この私が2食ほど、食べる気がしなかった
                くらいの出来事でした。
                (結局3食目は心の回復と比例して
                食欲が勝ったのですが
                Docomo_kao8

                しかも、私が直接的原因ではなかった
                のでより「なんでこんなことに・・・
                Docomo_kao18
                という、「情けない」(この気持ちが一番
                表現するには近い気持ち)というやりきれ
                なさでいっぱいになったのでした。

                ただ、やっぱりこれにも意味があったとしか
                思えない(ポジティブイメトレ
                きポリアンナ
                実行中
                手)部分も多く、そういう意味では
                起こるべくして起こった、という側面は
                否めません。

                その中で「類は友を呼ぶ」ということも
                強く実感することになったのですが
                例えば「いつも」一緒にいる人はもちろん、
                食べるもの、
                それを買う場所、
                身につける物、
                目に入る(入れる)もの、
                耳に入る(入れる)もの、
                住む場所、
                日常を過ごす部屋、

                これすべて、「類は友を呼ぶ」要素なんで
                すよね。

                つまり、身を置く環境によってその人は
                知らず知らずのうちにだとしても
                作られてしまっているということ。

                難儀なのは本人にとっては「日常」で
                あるがため、無意識のうちに自分では
                気づいていない「自分」ができあがって
                しまっているのです。

                だから、どれだけ外ではメイクバッチリ、
                スタイルもいいし、素敵に見えたとしても
                散らかり放題、埃まみれの万年床で
                コンビニで買った「食事」(と呼べないもの
                も含む)を口にし、芸能ゴシップばかりを
                目に耳にし、ゲームで「殺した、殺された」
                の日常を過ごしている人は、絶対
                ボロがでます…

                だって、そういう環境に自分自身が
                「類」として寄って行ってしまってる
                ですから。

                女性性を生かし、パワーとして活用
                するのに、メイクやおしゃれはとても
                有効だと思っていますが、それはあくまで
                調味料であって、素材が特価の安いお肉で
                あればどんな調味料を駆使しても、
                100g10,000円のお肉にはなれないのと
                同じ。

                商売をする時、ターゲットとなる客層を
                イメージして店構えから値段、サービスが
                決まります。
                寝起きにジャージで行っても良しとされる
                お店には、当然ながらそういうレベルの
                商品が置かれ、同じような人達が自然と
                集まるようになります。

                もし特価のお肉じゃなく、高級肉でいたいと
                思うなら、素材に合ったものの中に身を
                置くべき。

                反対に「こんな風な人になれたらなあ。
                なりたいなあ」という理想がある場合も、
                なれるなれないは別にして、理想の人が
                持っている要素を提供できる環境に
                身を置くというもの、理想に近づく
                ためには手軽にできる第一歩だと思います。
                まあ、これもなんだかんだでイメトレの
                一種ですね
                ウインク

                それとたまに勘違いされる方がいるようですが
                いくらご自身が名実ともに高級肉だとしても
                自ら特価肉レベルの環境に身を置いておきながら
                「サービスが悪い!対応が悪い!」というのは
                なしですよ。
                だって、特価肉用の環境なんですから。

                自分の価値を決めるのはほかの誰でもない
                自分自身。
                だからこそ、身を置く環境にはもっと敏感に
                なるべきですね。
                Lycka till * 頭の中 * 12:59 * comments(0) * trackbacks(0)

                プラス思考になるには。

                0

                  昨日久しぶりに大学時代の友人と長電話。
                  実は彼女、ここ数週間は心身ともに
                  疲れ果て、入院していたのです。
                  元々頑張り屋でカラダを壊した過去もあり、
                  今は2歳になる子供の発達のことで
                  おかしいなと思い続けての子育ての中、
                  染色体異常の病気と診断され、ショックで
                  カラダも心もボロボロになってしまって
                  いたのです
                  Docomo_kao19

                  それでも、素晴らしい旦那さん(これは
                  ブログ用の表現でもなんでもなく、本当に
                  器の大きい、揺るがない愛にあふれた
                  人なんです!)の愛と支え、子供の存在で
                  徐々に回復しつつあると、メールで報告があり
                  久しぶりにしゃべろ〜ということで
                  長電話となったのでした。

                  そんな話の中で、
                  彼女が言った、
                  「昔からすごく色々深く考えてしまうねん」
                  「これから、大丈夫かなあ」という言葉が
                  気になって…

                  私自身も彼女と似ているところがあるのでよく
                  分かるのですが、考えることが好き(というか
                  自然と常に頭が動いてしまう)な人というのは
                  一度マイナスのことを考え始めるとその方向に
                  どんどん思考が暴走しがち。
                  挙句の果てには
                  「私、マイナス思考だから」
                  と、自ら認めてしまう=マイナス暴走加速して
                  しまう方も。

                  今では「ポジティブやなあ
                  矢印上」と言われることの
                  多い私ですが、これはイメトレのおかげなの
                  ですよ
                  ウインク

                  普段から「考える」ということが好きor
                  多い人には結構効果あると思います。
                  うちのダンナさんのように
                  Docomo_kao8、あんまり考えて
                  ない人にはなかなか難しいかな…
                  ショボン
                  (ダンナさんで実証済み)

                  ではどうするのか。

                  何か凹むようなことや嫌なこと、腹の立つ
                  といった、マイナスアクセルが加速しそうな
                  ことがあった時。
                  ムリして元気でいる必要はないし、凹んでも、
                  怒ってもいいんです。
                  でも、そのあとに必ずポリアンナ的
                  ウインクいいこと
                  探しをしてください。
                  そのマイナスの出来事が起こったことによる、
                  根拠のない(ここ大事)メリットを探すんです。

                  例えば。

                  小さなことだと、わざわざ買い物に行った先で
                  欲しかったものがなく、凹む&腹が立つ。

                  「要るものやと思ってたけど、きっとほんまは
                  要らんかったんかもな〜。お金つかわんくて
                  すんでよかったわぁ♪
                  きっとあとでもっといい物が見つかるっていう
                  ことなんやなあ♪」

                  もうどうしても許せない&受け入れられない
                  人がいる。

                  「私の人間のレベルが高いから、あんな難儀な
                  人と出会うことができて、より高いレベルに
                  いけるレッスン受けさせてもらってるねんなあ。
                  やっぱり、私ってすごいやん♪
                  人のふり見てわがふり直せ、っていうから
                  あんな人からでもきっと学ぶことあるんやわ。」

                  とか。

                  これは一回じゃ二回じゃ無理ですよ。

                  しつこく何回もイメトレすると、自然と
                  ポリアンナになれるようになります
                  手

                  事実、今までの私なら足の小指をぶつけた、とか
                  頭をぶつけたなんてとき、痛みと怒り(?)で
                  ぶつけた相手(というか「物」ですね)を
                  噛んでました(
                  !!←これもどうかと
                  自分でも思いますが
                  Docomo_kao8

                  それがポリアンナになれるとキラキラ、すっごい
                  痛みの中でも全く意識しなくても
                  「こんなに痛いのに血も出てへんし、私、
                  死んでへん!ラッキーやったわあ〜
                  矢印上」と
                  思えて、そんな自分にびっくりしたことが
                  あります。

                  思考にプラスのことが増えると、その分自分が
                  引き寄せるものもプラスのことが増えるのです。
                  考えるのはタダ!!!! 

                  考えるのが習慣になっている人なら、思考の
                  ベクトルをマイナスからプラスにするだけ。
                  内容が変わるだけなのでやり始めると
                  早いと思います。

                  「これから大丈夫かなあ…」という言葉も
                  「これから大丈夫。」
                  と言い切る。
                  不安があっても。
                  なんなら口に出して耳からも自分に言い聞かせる。
                  心配しなくてもちゃんと言霊の力は助けて
                  くれます。


                  物事をどの角度から見るかはあなた次第。
                  私はポリアンナをおススメします。

                  それともう一つ。

                  思考が深い方、ちょっとガンコな方。
                  もういい加減、ポリアンナにならなあきま
                  へんで〜というときや、もっとカラダと心の
                  サイン、聞いてあげなあきまへんで〜と
                  いうとき、強制的矯正発令が出ることありです。
                  何かというと、病気だったり、事故だったり、
                  結構マイナスなことが起こるのでかなり
                  凹むかと思うのですが、それはもうその名の
                  通り、「強制的矯正」なので、
                  「そうでもしんとあんたさん、言うこと
                  ききまへんやろ?&気づきまへんやろ?」
                  という、結果的にはありがたいことだったり
                  するのです。

                  実際、強制的矯正の意味を悟られた方の
                  その後の変化は素晴らしいですし、人間的な
                  魅力がかなり増していらっしゃることが
                  多いです。

                  といはいっても、こういうのがない方が
                  いいですけどね。


                   

                  Lycka till * 頭の中 * 14:22 * comments(0) * trackbacks(0)

                  シェア日

                  0
                    今朝は10時集合でアロマ仲間と日ごろの
                    色々をシェアしたいねとおしゃべりキラキラ
                    14時から仕事を入れていた私は途中ちょいと
                    時間を気にはしものの、トイレに行きたく
                    なって初めて時計を見てみると・・・

                    13:40!!!

                    約4時間・・・Docomo_kao20

                    全く話が途切れることなく、飽きることなく
                    延々シェアし続けていた私たちDocomo_kao8

                    しかも。

                    産婦人科という共通点もあるため、普段
                    特にこの分野のアロマについてだれかと
                    シェアする機会のない私はここぞとばかりに
                    『会陰』だの『おっぱいマッサージ』だの
                    『母乳』だの、ずーっと口にしておりました笑

                    でも本当に頭も心も満たされて且つスッキリ。
                    ちょっとづつでも想いが形となるようがんばれ
                    そうですき

                    奇跡と言われる受精、妊娠、出産。

                    医学の進歩によってより高い確率で妊娠が
                    継続され、より安全な出産ができ、産後の
                    経過も順調、ということが当たり前の今。

                    それでもいつ何がどうなるかはどれだけ
                    医学の力があってもそれはやはり私たちは
                    『生かされている』という、自然界の掟に
                    逆らうことはできません。

                    流産、死産、切迫早産・流産、新生児搬送・・・

                    聞きたくない、目にしたくない言葉です。

                    でもそれがどういうもので、もしも、もしも、
                    もしも万が一、そういうことが自分に起こったら。

                    どういう風に受け止めたらいいのか。
                    どういうところに助けを求めたらいいのか。

                    そういうことを知っておくのは自分の心と体を
                    守るためだけじゃなく、そういうことを含めて
                    『妊娠出産』だと思うのです。

                    そしてそういうことを知っているからこそ、
                    いかに妊娠を無事継続し、無事赤ちゃんを
                    産み、赤ちゃんと家に帰れるということが
                    すごいことなのかがより実感できるのでは
                    ないかなあ。

                    ここまで動物とかけ離れて発達した脳は、
                    もはや本能だけに任せていてはダメですね。
                    自分で脳に情報を与えて、より『母性』
                    という本能が目覚められるようなことを
                    するのも人間として大事なことなのでは
                    ないかと思います。

                    くさいものには蓋をしたくなるけど、
                    赤ちゃんはくさいものにも向き合って
                    ほしくて来てくれることも多々あるのだと
                    思っています。

                    そんな話をさんざんした後、トイレにあった
                    張り紙を見てちょっと違和感。
                    『突然のブルーディの方には生理用品をご用意
                    しています』という、お店側のこまやかな
                    気遣いが感じられる張り紙。
                    それ自体は好感が持てるのですが
                    『ブルーディ』という表現が残念だなあと。

                    自己暗示力、強いですよね
                    Docomo_kao18
                    『生理はしんどい』『生理前は辛い』と暗示を
                    かけることによってより不調を引き起こして
                    しまうかと。

                    すぐには代わりになるような素敵な表現が思い
                    つかないのですが、『お月さまの日』とか??
                    生理トラブルがある方には、
                    『ブルーどころかブラックやで
                    もやもや
                    というくらいかもしれませんが、せめて呼び方
                    だけでも聞こえのいいものにしたいですね
                    ひらめき

                     
                    Lycka till * 頭の中 * 20:29 * comments(0) * trackbacks(0)

                    外世界

                    0
                      昨日は京都まで講習に行ってきました。
                      超初級のだったのですがなかなか
                      手ごたえアリ。頭は無事?パンパンに
                      なりました☆
                      次回のステップアップ講習がとっても
                      楽しみです。

                      施術に関する講習だったのですが、
                      誕生学的なこととも共有できる内容も
                      ちらほらありで、自分自身が向いている
                      方向性にブレがないことも確認。

                      ブレないといえば日本政府のカネへの
                      愛はブレませんねえ。
                      もともとオリンピックはあまり好きでは
                      なく、今回の招致のニュースも経緯を
                      ほとんど知らなかったくらいなので
                      今朝東京決定を知ってびっくり☆
                      涙流して喜んだというアスリートの存在
                      を知ってしばし唖然・・・

                      今ってそんな時期でしたっけ???

                      付随するものは決してマイナスのもの
                      だけではないのは分かっていますが、
                      でもあえて「今」日本でやることかしら?

                      開催すれば経済効果がこれだけあるから、
                      っていう誘導の仕方って、原発計画を
                      「原発関係の仕事で雇用が増えて経済
                      効果があるから」と言って誘導したのと
                      一緒じゃないかと。
                      ということはやっぱり別に本音があると
                      いうことですかねえ…
                      単に経済効果だけを狙ってるわけじゃ
                      ないのでしょう。

                      ついでにいっちゃいますが、オリンピック
                      自体、なんか裏がドロドロしてそうで
                      あんまり素直に感動できない私だったり
                      するんです。
                      もちろん選手の皆さんの努力や能力は
                      感動に値します。
                      でも結局経済的にも政権的にもある程度
                      安定している国の選手が有利であって、
                      スポンサーがつけばドラえもんの道具の
                      ような素晴らしいグッズが提供される。
                      グッズを身にまとう選手たちはスポンサー
                      にとって大事な広告塔。メダリストにでも
                      なればこれまた諭吉さんが羽ばたくんで
                      しょうね。

                      常にお金が絡んだ「清く正しく美しく」の
                      スポーツの祭典、なんですよね。

                      なんでもっと素直に物事見られへんねん、
                      と自分でも思いますが、もうそろそろ
                      みんなで蛙(かわず)を卒業して井戸の
                      外の世界を知っていかないとどうにも
                      こうにもならないところまで来ている
                      ような気がして仕方ないのです。

                      なんだか今日は愚痴のようになってしまい
                      ました

                      Lycka till * 頭の中 * 19:19 * comments(0) * trackbacks(0)
                      このページの先頭へ