スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    スポンサードリンク * - * * - * -

    またしても

    0
       前回の胃腸風邪から復活したと思いきや、
      その5日後。
      前回とはくらべものにならないほど苦しい
      思いをすることになってしまいました
      復活したとはいえ、食事の後、なんだか
      ちょっとむかむかするなあということが
      続いていたのにもかかわらず、食欲に
      負けていつも通りの食事をしていたので
      「ばかも〜ん!」と胃腸さんに怒られた
      かのように、金曜日の夜はすさまじ
      かったです・・・

      今回も一通り嵐をやり過ごしたら結構
      スッキリしているのですが、さすがに
      怖くて(食欲はありますが)胃腸さんに
      相談しながらの状態です☆

      で、苦しんでいるときにふと精油でケア
      しよかしら?と一瞬脳裏を横切ったので
      すが、やはりムカムカしているときに
      いくら精油とはいえ、香りを使うことは
      かなり勇気がいりますね
      吐き気にはペパーミントやレモン、
      ジンジャーなどスッキリ系のものが
      使えます。
      嗅いでもいいし、クリームやオイルに
      希釈して胸元やおなかに塗布しても
      OK。

      でも今回の私が精油を使えなかった
      ように、すべてに対応できるものって
      何に関しても存在しないのではと
      思います。

      だからアロマセラピーを心地よく使える
      ものにはアロマセラピーで対応したら
      いいだけ。

      今回はもう何も試す気力も体力もなく
      嵐の後は動けずに寝てましたが

      ハーブティーが心地いい人もいるだろうし、
      ホメオパシーがいいという人もいて、
      いやいややっぱり抗生物質よ、という人も
      いて当然。

      なんにせよ、切り札を多くもつことが
      大事かなと思います。

      これしかないと思うから、それが使え
      ないと不安になるし、追いつめられる。
      そういう人を狙う健康悪徳商法も多く
      存在しますよね。
      何がいいか悪いかを決めるのはあなた
      次第。
      決める判断材料は人の意見や広告
      だけではなく、やっぱりある程度の
      お勉強というか知識は必要になってくる
      かと思います。
      そうでないと自分で判断なんてできない
      ですよね。

      産婦人科でアロマトリートメントが
      取り入れられることが多いですが、
      退院後も継続して施術を受けら
      れる方は少ないです。
      それでも体験して「しんどくなったら
      またこれを受けたら頑張れそう」と
      言って頂けると、切り札が増えたと
      いうこと。
      それだけでも意味があることだと
      思います。

      そして切り札をそろえるのはできる
      だけプチ不調くらいのときにするの
      が大事!
      大不調のときには頭も気持ちも
      なかなか動いてくれませんから☆

      素敵なカードコレクションができる
      といいですね♪







      Lycka till * 日々 * 15:10 * comments(0) * trackbacks(0)

      4月

      0

        やっと桜が咲いてきたなと思って
        いたら、今日はえらい雨風ですね・・・

        6人いる甥姪のうち、今年から新たに
        保育園に行くおちびが一人。
        金曜日の入園式はルンルンで行って
        きたそう。

        春から新しい職場や環境で生活が
        始まる方は、何かと大変だと思います。
        自分では思ってなくても周りから
        「頑張り屋さんやねえ」とか
        「なんでもちゃんと真面目にこなす
        よねえ」
        なんて言われることがあるなあという
        心当たりがある方は、ぜひぜひこの機会に
        アロマセラピーを取り入れて、体も心も
        壊さずに新生活を楽しめるようにしてみて
        はいかがでしょう?
        何をどうしていいのかわからん〜という
        方には個別でクラフトレッスンなども
        させて頂いていますのでお問い合わせ
        くださいませ。

        先日も知り合いの旦那さんが、
        あまりの激務に睡眠も浅いし、
        休みの日もエネルギー不足で・・・
        ということで精油をブレンドして夜
        寝るときに香らせてみてくださいと
        お渡ししたところ、結構気にいって
        もらえたとのこと。
        もっと気軽に使えるようにと同じ
        ブレンドでロールオンをつくりました☆
        最近の男子はなんせ女子顔負けの
        お洒落さんが多いので
        「これ今流行りやで!イケメンの
        常識やで!」とでも付け加えると
        すんなり使ってくれるかも☆

        植物の力もですが自分の思考も
        健康には大きく影響してきます。

        進路や新しい職場を決めるとき、
        そして実際生活が始まってからと
        「本当にこれでいいのか」と
        悩むことは多いかと。

        私自身が実は大学卒業の時から
        一度も就職活動をしたことがなく、
        15以上のバイトを経験したこと
        から、
        「やってみなわからん」と常々
        思ってます・・・
        単に根性&忍耐力がないだけなの
        でオススメできるわけではないのですが
        やってみたら実は向いてなかった、
        ということも多々あるということ。

        中学から英語が大好きで絶対留学して
        語学関係の仕事をする!と外大にまで
        行った(※行かせてもらった、ですね)
        のにも関わらず、全くもって違うことを
        やっている私。
        実は過去2回ほど通訳の仕事もして
        いたのですが、自分の語学力・文化的な
        知識の不足はもちろん、相手の言葉を
        伝えるだけという行為が息苦しく感じ
        られ、今も外国語にとても興味はありますが
        もう仕事にしようと思うことはありません。
        でもその後、朝から晩までずっとスウェーデン
        語で接客するような生活をしていたのです
        からどういう形で自分の夢がかなうかは
        わからないものです。

        ネイルやアロマの仕事も同じで
        どこで、どういう人を対象に、どんなメニュー
        を提供するか、で一言で
        「ネイリスト」「アロマセラピスト」といっても
        大きく変わってきます。

        「これってほんまにやりたいことなんやろか」
        という言葉が自分の中に浮かびあがって
        きたときはある意味チャンスです。

        本当の自分と会話することができるから。

        始めるに遅いことなんて、自分がないと
        思えばない。

        そう心から思えるようになったのはスウェーデン
        での生活のおかげだと思っています。

        45歳で医学部入学。その後ドクターになっている人。
        数は少ないですが、決して珍しいことではないのが
        スウェーデン。
        高校卒業してすぐに進学・就職するよりも、まずは
        半年〜1年くらいは自分探しに海外に出るなりする
        人が多いです。
        ある友人が大学で5年の心理学プログラムを
        学ぶために課せらせたのは1年間の社会人経験。

        急がばまわれ。

        経験を肥やしにすれば遠回りした甲斐もあるという
        ことですね。

        新しいスタートが素敵なものとなりますように。

        Lycka till * 日々 * 17:59 * comments(0) * trackbacks(0)

        出会い

        0

          今日はかねがねお会いするのを
          楽しみにしていた方と3時間の
          弾丸トークをしてまいりました

          長浜にお住まいのため、お互いの
          真ん中あたりで、ということで
          教えてもらったステキなカフェ、
          Ruwamで落合い、初めてなのに
          3時間あっという間!のステキな
          時間を過ごさせてもらいました☆

          これからの活動について、テンション&
          妄想力UPするようなアイデアを頂いたり、
          あったかくなるようなお話を聞いたり。
          なんやかんやいって、やっぱりいろんな
          人と会って、お話ししてっていうのが
          私は好きなんやなあと実感。

          先日のお母さん小話の続きになる
          ような、お話を伺ったのでご紹介しますね。

          中学生の思春期真っ盛りの息子さんを
          お持ちのこの方、最近は『うるさい、ボケ』
          などの思春期王道ワードも飛び交うらしく、
          何かと大変なこともあるようなのですが
          この息子さんが10歳くらいのときに
          『『つ』がつくまでは膝の上』という言葉を
          知り、
          『え〜すでに遅しやんか〜』ともっと早くに
          知っていればと後悔され、今もそのせいで
          暴言が飛び交うのか?と少し気にされて
          いるとのこと。

          ちなみに『つ』とは、歳の数え方で
          『ここのつ(9歳)』までは膝の上に座らせて
          スキンシップを大事にしましょう、という
          お話。

          そういうこともあり、スキンシップを大切に
          思われているのですが、なんせ相手は
          思春期の中学生。手ごわい相手です☆

          あるとき、部活で疲れた様子だったので
          『足、マッサージしてあげようか?』と
          持ちかけると、すんなり足を投げ出して
          きたそう。
          マッサージはまんざらでもなかったようで、
          次の日には
          『マッサージしてもらって、楽になった。』
          『今日もしてくれ』
          とおかわりまで♪

          そうかあ〜、こういう形でなら思春期
          ホルモンにも対応できそう!と素敵な
          タッチングの方法にとっても感激しま
          した。

          足なら手や背中よりも抵抗なく、触らせて
          くれそうだし、実際疲れていることも多い
          と思います。

          いつも思いますが、普段話せないことも
          肌が触れ合っていたり、リラックスしている
          と不思議と話せたりするんですよね。

          精一杯背伸びしていてもまだまだ人生
          経験の浅い彼ら。
          学校のこと、勉強のこと、進路のこと、
          友達のこと、恋愛のこと、体のこと。
          かなり盛りだくさんに抱えているにも
          関わらず、切り盛りする術も経験もまだまだ。
          そんな彼らには実は家族の手のぬくもり
          というのは、意識していないところで大きな
          支えや癒しになるんじゃないかなあと
          今日強く思いました。

          なんだかやりたいこと、山盛りです☆
          来年は形にしていけますように!


          Lycka till * 日々 * 21:40 * comments(0) * trackbacks(0)

          冬支度

          0
             今日はだいぶ寒かったですね☆
            産婦人科でのお仕事の日だったので
            実際「寒い」と感じたのは築30年の日本
            家屋のわが家にいる間だけなのですが

            昔の家というのはどう考えても夏仕様にでき
            ていて、夏は本当に涼しくていいんですが、
            冬はファンヒーターくらいじゃ歯が立たない、
            通気性(というのでしょうか?)の良さ。
            足元からがっつり冷えます・・・

            最近の住宅は気密性はいいし、ペアガラス
            だし、床暖だし、室温が全然違いますよね。

            スウェーデンに住んでいたころ、日本に一時
            帰国するのが冬だったときがありました。
            気温自体はもちろん日本(滋賀)のほうが
            高いのですが、なんせ家の中が寒い!
            おかげでたった1か月の間に足に霜焼け
            ができました
            スウェーデン人の友人が冬に来日した時に
            「寝るときに顔が寒くて寝られない!」と
            言っていたのですが、その時は
            「顔が寒いってどういうことや」
            と思ってましたが、
            スウェーデンで過ごしてから日本の冬を
            再体験すると、この友人の言葉に納得☆
            本当に顔が寒くて、あの怪しげな強盗
            マスク(?)でもつけて寝たくなるほど

            スウェーデンの家は各部屋の窓際の壁に
            オイルヒーターのようなものがついていて
            その中を温水が循環する、セントラル
            ヒーティングという暖房が使われています。
            これはトイレにもついているので、文字通り
            家中同じ気温。
            しかも暑くもなく寒くもない、約20度くらい。
            なので外が極寒でも家の中ではフリースも
            いらないくらいという、冷え症の私には
            天国のような環境でした☆

            寝るときも毛布すら使ってなかったし、
            猫さんも布団の中に入ってくるということ
            もなかったです。
            ほんと今とは大違い!
            上も下も毛布、猫さんたちは私の
            左右にもぐりこみ丸くなる・・・


            でも外へ一歩出れば、そりゃもう
            期待を裏切らない北欧の寒さです
            雪も多いし、気温は常にマイナス。
            マイナス10度を下回ると、鼻で呼吸
            をすると鼻の中が凍ってガビガビに
            なるんです
            でも日本のように風はあまりないので
            体感温度はもしかするとそこまで低く
            ないかもしれません。

            がっつり着込んで帽子に手袋にと
            完全防備で出かけても、日本のように
            店内が暑くて汗だくになる、ということ
            もない。

            ちょっとスウェーデンの冬が恋しい私
            です・・・
            Lycka till * 日々 * 21:33 * comments(0) * trackbacks(0)

            おこぼれ

            0

              昨日はすごい雨風でしたね。
              みなさん、大丈夫だったでしょうか。
              昨日は午後から京都へ諸々の
              用事の予定があったのですが
              朝のうちにキャンセルを入れました。
              ちょっと早まったかなと思って
              いたのですが、夕方にはすごい天気
              で、楽しみにしていたベジフェス
              11月25日に延期になったようです。

              今日同じ誕生学を学んだ戦友から
              電話があり、素敵なご縁をつないで
              もらえそうなお話でした。
              この彼女、本当に「魔力」と呼ぶべき
              ようなものを持っていて、普通なら
              人生で3人くらい会えればいいんじゃ
              ないかというようなキャラの濃い人が
              わんさか周りにいるような人です。
              なので話しても話してもネタが尽きない。
              かなり濃い人生を送っている、素敵な
              人です。

              そんな彼女とつながっていると、魔力で
              ひきつけた素敵な人とのご縁のおこぼれ
              をちょうだいできることも♪
              ありがたや〜

              常々、今の自分のスキルでできるで
              あろう、「やりたいこと」がいくつかある
              のですが、なかなかもうあと一歩の
              行動力が伴わず、実現まで道のりが
              長いまま。
              そんなときに彼女のような人がいると
              本当に助かります。
              今回のご縁もちょうど最近考えていた
              ことが実現しそうでとっても嬉しい。
              またご報告します♪

              ちなみに今回のご縁に関係ある京都
              のカフェをご紹介します。
              といっても私もまだ行ったことがないの
              ですが、京都水族館へ行かれたとき
              には水族館から徒歩で行けるのでぜひ♪

              キッチン nagomi

              Lycka till * 日々 * 16:24 * comments(0) * trackbacks(0)

              ドリルの経過。

              0
                今取り組んでいる人生ドリル、すぐに終わるもの
                ではないのですが、ちょっと進んできた感じです。

                人生初めて気付いたことがいくつかあって
                それだけでも気持ちが楽になったし、ドリルを
                頑張った甲斐があるというもの。

                20代前半からずっと自分の中に問い続けていた
                「仕事」の形がここ数年でやっと明確なものに
                なってきて、形になってきているのですが、
                その根底にはやはり
                「誰かのために自分ができることを提供したい」
                「それによってその人が喜んだり、良くなったり
                することを共有したい」
                というのが強くあります。

                それは恋愛にも現れていて、ずっと自分の
                「性格」だと思っていました。
                そしてそういう「性格」だから、出会う相手と
                いうのもそういう私に合う人、つまり何かを
                してもらうことの方が好きだという人が多く、
                喜んでもらえてうれしいのだけど、
                「これだけ色々して、愛情注いでるのに、
                それだけしか返してくれへんの?」
                という不満も背中合わせ。
                でもそれすら自分の「性格」だから仕方ない
                という感じに思っていました・・・

                でもそうじゃないって初めて気付くことができた
                んです。

                「それくらいの愛情しか返さなくても、それくらいの
                ことしか彼女にはしなくても、それでも彼女は怒ら
                ないし、自分に愛情を注いでくれる」
                と相手に思わせていたのは、他の誰でもない自分
                だったということ。

                自分の価値を自分で決めて、相手にそれくらいの
                価値として扱うことを許してしまってたんです。

                そしてもう一つ。

                「私が何かしてあげることで相手が幸せになるなら
                それでいいわ♪」
                なんて思うことが多かったのですが、今ももちろん
                仕事ではその気持ちはベースとしてあるといはいえ、
                プライベートでは反対に私もちゃんとケアされたい、
                と思えるようになりました。

                だって私にはそうされるだけの価値があるから。

                英語で
                you deserve it
                という表現、いいことにも悪いことにも使えるのですが

                deserve 〜の価値がある、〜を受けるに値する

                という意味。

                ・仕事がんばってるんだから、旅行にいく計画は
                 you deserve it!

                ・それだけの悪事を働いたらそういう死に方するよ・・・
                 you deserve it!

                という感じ。
                ついでに
                ・(あなたはいい女なんだから)彼にはもったいない!
                 He doesn't deserve you! 

                日本語でこういう表現、あまり使わない気がしたので
                書いてみたのですが、外国人の友達は相談事などを
                するとよく使ってくれます。
                でも言われても「そうかなあ・・・」としか思えてなかった
                私。

                だって自分で自分の価値を低く見積もってたんですから。

                これからは自分にも

                i deserve to be happy!(私は幸せになるに値する)

                と素直に思えそうです。





                Lycka till * 日々 * 21:10 * comments(0) * trackbacks(0)

                おしゃれの秋♪

                0
                   先日ご紹介した、かわいい猫の首輪。
                  今日届きました〜♪

                  さっそく付けてみると・・・




                  こんな感じ♪
                  猫バカ母さん、かなり満足です☆
                  でも肝心の猫さん的には、この写真では
                  なんだか不満そうですね

                  もう一匹の猫さんの方は、全然じっと
                  してくれなくて写真が撮れず
                  この首輪のカタログにあった、
                  おとなしくポーズまで決めて撮らせて
                  くれる猫さんってスゴイ☆

                  ちなみにこの首輪、虫よけ加工が
                  してあります。

                  「ノミ・ダニ・蚊などの嫌いな、
                  ユーカリ・レモングラス・ペパーミントの
                  成分をマイクロカプセルに閉じ込めて、
                  特殊な方法でリード・カラーに浸透
                  (付着)させています。」
                  だそうです。

                  数年前の夏、猫の耳がぼこぼことなって
                  いて、どうも蚊に刺されたようだったので
                  ユーカリやラベンダーを首輪に付けて
                  おいたことがあります。
                  その効果か、それ以上蚊にさされる
                  ことはありませんでした

                  ペット用のアロマセラピーも
                  ありますが、個人的にはどうなん
                  かなあと疑問があるため、直接使う
                  ことはありません。

                  動物OKといわれる、バッチフラワー
                  レメディは猫を飛行機に乗せて移動
                  するときのために、レスキューレメディと
                  いう緊急用のものを使いましたが、
                  効果はどうだったのでしょう
                  特にトラブルはなかったので効いて
                  いたのかもしれませんが☆
                  Lycka till * 日々 * 20:45 * comments(0) * trackbacks(0)

                  出会いは必然

                  0

                     ・はじめてさんのアロマ講座はコチラ
                    ・5月からのキャンペーンはコチラ

                    7月14日(土)伝馬館さんのなな・ナナ市に出展します☆
                    アロママッサージ(フットまたはハンド) 10分500円
                    ハーブティーの試飲販売も♪
                    マッサージを受けて頂いた方には次回使って頂ける、
                    アロママッサージ15分500円チケットを差し上げます。

                    伝馬館さんへのアクセスは
                    コチラ



                    先ほど占星術の鑑定モニターを受けて
                    かなり興奮状態が続いております☆

                    京都の素敵な洋書屋さん、
                    Green e booksさんで無料鑑定モニターを
                    募集されていたので何気なく応募。

                    東京在住の方だったので電話鑑定だったの
                    ですが、本当に会うべくして会うというか
                    なんとその方、今私が21期生として研修に参加
                    しているプログラムの15期生さんでした!
                    短い時間だったのですが、とってもわかりやすく
                    (さすが研修卒業生!と思ったのですが)
                    心のデトックスをして頂いた感じ。
                    機会があれば占星術は別にゆっくりお話
                    してみたい♪と思えるほど、共通項が多そうな
                    方でした。

                    占星術でみて頂いた内容は、これも
                    「ああ、やっぱり今の時期だから鑑定を
                    受けてるんやろな」と思えるもので
                    色々日々感じていることや考えていることに
                    確信も持てたし、パワーをもらった感じです

                    普段から結構いろんなことを深く掘り下げて
                    考えている方だと自分では思っているのですが
                    そうすることで自分の中で納得いく答えや視点
                    が見つかることが多く、それを占星術などで
                    確認できると「やっぱり!」とホッとします。

                    今日思ったのは、やっぱり日ごろから自分の
                    感じること、自分の中で納得いく物の見方を
                    することって大事やなあということ。

                    状況や人は簡単には変えられないし、変わら
                    ないけど、自分の頭の中は自分次第。

                    これからのことを主にみてもらいましたが
                    近視にならず(目先のことしか見えない)
                    遠視にならず(遠い先のことしか見えず、不必要に不安になったり、
                    現実逃避したり)
                    乱視にならず(ブレまくり・・・)
                    そして老眼にもならず(なんでも歳のせい・・・)
                    自分の描く素敵な未来に向かって
                    進んでいけたら♪と思います。

                    まだまだ無料占星術鑑定モニターさん、募集
                    されているようですので、興味のある方は
                    Green e booksさんのHPをご覧くださいね。
                    私が受けた鑑定士さんをご希望の場合は
                    ご連絡くださいませ。

                    Lycka till * 日々 * 14:34 * comments(0) * trackbacks(0)

                    「うまれる」

                    0
                        ・はじめてさんのアロマ講座はコチラ
                      ・5月からのキャンペーンはコチラ

                      「うまれる」という映画、ご存じでしょうか?

                      「子供は親を選んで生まれてくる」という
                      胎内記憶をモチーフに、命を見つめる4組の
                      夫婦の物語を通して、
                      「自分たちが生まれてきた意味や家族の絆、
                      命の大切さ、人との繋がりを考える、
                      ドキュメンタリー映画」
                       
                      と、HPに紹介されています。

                      2010年とまだ新しく、上映は自主上映会として
                      各地で上映されています。

                      知り合いが亀岡での上映に参加しています。
                      亀岡ではガレリアかめおかにて
                      8月18日(土)10:00〜と14:00〜の2回上映。
                      お子様連れももちろんOKです。

                      詳細はコチラ→プラチナ・ママ

                      滋賀でもあるかな?と思って「うまれる」のHPで
                      探してみると
                      近江八幡市の滋賀県立男女共同参画センターで
                      7月8日(日)10:00〜と14:00〜です♪

                      詳細はコチラ

                      コメンテーターに挙げられているのは出産関係の
                      本では絶対目にするといえるほど、カリスマ的な
                      人たち☆
                      ここでも何回かご紹介した
                      「胎内記憶」の産婦人科医池川明先生、
                      自然なお産で有名な吉村正先生、
                      産婦人科医でアロマセラピーにも詳しい鮫島浩二
                      先生、
                      「誕生学」「バースコーディネーター」で有名な
                      大葉ナナコ先生・・・

                      尊敬する先生がこんなに集結されてる映画と
                      言うだけでもテンションが上がります☆

                      HPの「映画鑑賞の効果」にはレビューや
                      感想から次のようなことを感じ・考えられて
                      いるということが挙げられています。

                      ◎ 自分がいかに奇跡的な存在であるかという事、
                      そして産まれて来たすべての命がどれほど尊いかという事

                      ◎ 産まれてくる事、生きている事、育てられた事は
                      「当たり前」ではない

                      ◎ 産んでくれた、育ててくれた両親への感謝
                      両親だけでなく、支えてくれている周りの人々や社会への感謝

                      ◎ 妊娠・出産は感動だけではなく、辛い出来事
                      (流産・死産、不妊)もあり、それだけに妊娠する事は
                      奇跡であり、妊娠した時から命が宿っているという事

                      ◎ 障害があったとしても懸命に生きている命・
                      育てている家族がある
                      という事

                      ◎ 自分が親を選んだと思う事で親や他人の責任にしない
                      自主独立心の芽生え

                      ◎ 虐待があったり、両親との関係が微妙だったとしても、
                      意志によって親子の問題を解決できる事

                      ◎ 妊娠・出産・育児は女性だけでなく、男性と共に
                      取り組んで行く必要があるという事、
                      男性にも様々な役割があるという事

                      ◎ 出産だけが「うむ」行為ではなく、出産をせず別の形で
                      社会に貢献するという道
                      がある事

                      ◎ みんな違ってみんな良いという事


                      どうですか??
                      この機会に一度ご覧になってみませんか??

                      Lycka till * 日々 * 10:47 * comments(0) * trackbacks(0)

                      受容されるということ

                      0

                           5月1日からのキャンペーンのお知らせはコチラ

                        気がついたら一週間もブログを書いてなかった
                        です・・・時間のあるときは研修のレポートに
                        てんやわんやでしたもので
                        それもどうにか終わり、今日は素敵なお二人さんに
                        お誘いを受け、おしゃべりしに行ってきました
                        お二人とも1才に満たないお子さん同伴でしたが
                        2人ともお母さんの膝の上でまったりしたり、うとうと
                        したり、おっぱい飲んだりと、すぐに頭がカチコチに
                        なってしまう私をいい感じにゆる〜くしてくれました

                        このお二人ですが、おもしろいくらいに考えや意識を
                        共有できて、話すこと聞くことが本当にスッと受けれ
                        られるし、受け入れてもらえるという、とっても
                        貴重でありがたい相手です。

                        今日お二人に会っていっぱいお話させてもらう
                        中で、ありのままに近い自分の発言を
                        『そうやんね〜』といって肯定的に受け止めて
                        もらえることの必要性というか、大切さを感じ
                        ました。

                        『あ、私の今の考えとかやり方で、いいんや。
                        いいって言うてくれる人がいるんや』と感じ
                        られると、もちろん自信にもなりますが、
                        ちょっと余裕が出てきて自分に対して謙虚に
                        なれる気がします☆
                        『いい、って言うてもらえたけど、きっともう少し
                        ここを直したり、気をつけるともっと良くなるかな』
                        なんて。

                        人はまず他人に受容されてはじめて、自分自身
                        を受容でき、それから他人を受容できるように
                        なるといわれています。

                        そう聞くと『そりゃそうよね』という内容ですが、
                        でも実際にはなかなか難しいと感じる方が
                        多いかもしれません。

                        しかも日本人は自分の考えや気持ちを
                        言葉に表して相手に伝えるという作業が
                        苦手だなあと感じるし、しかもディベートに
                        慣れていないので、なおさらハードルは
                        上がりますね・・・
                        なかなか難しいなあと思いますが、
                        幸か不幸かうちにはとってもいい練習
                        材料がおりますので、日々いかに彼を
                        受けめられるか苦戦している次第です

                        一通り話を聞いて(納得できなくても)
                        一旦胸に受け止めて(取り損ねそうでも。)
                        それってどうよ?ということなら
                        愛と一緒に受け止められるようにお返し
                        する。
                        高度な技です・・・

                        テレビに一方的にぼやくだけでは身に
                        つかない技ですね。
                        否定は攻撃の一種だと思うのですが、
                        攻撃だけでは敵は倒せない。
                        器の大きさも問われるところかも
                        しれません☆

                        もうひとつ今日の戦利品といえば
                        この映画のこと。
                        『happy-しあわせを探すあなたへ-』


                        スウェーデンに住んで感じたことは
                        日本って本当の意味で生活水準が高く
                        豊かではないということ。
                        多くのことが拝金主義と見栄の影に
                        埋もれてしまっているということ。
                        灯台もと暗しとでもいうのでしょうか。
                        残念なことです。



                        Lycka till * 日々 * 18:11 * comments(0) * trackbacks(0)
                        このページの先頭へ